2020.7.28

短期間のうちに「パッと調達」して「サッと支払い」できる利便性が良かった
商品の仕入れ代や従業員の給料、余裕を持って支払えたのは「OLTA」のおかげ

有限会社吉住商店 様
業種: 食品
地域:熊本県
事業形態:法人
調達金額:10万~50万円
「資金調達」検討時の課題
資金調達にオンライン完結型サービスを使うのが初めてで不安

お客様からの入金と出金の間にタイムラグが生じ、手元資金が減ってしまうことがある

コロナ禍の影響もあり長期的な利益予想や資金計画がたてづらい
「OLTA」利用後の効果
「OLTA」は、担当者と会う必要がなくスピーディーに資金調達ができた。そのため、商品の仕入れ代や従業員の給料などの資金用途に余裕を持って対応することができた

短期的な資金調達の施策として「OLTA」を活用し、同時に長期的施策として先手を打つことによって経営をより健全化できた

会社の経営は、どれだけ経験を積もうとも一筋縄ではいかないことも多くあります。特にお金に関する悩みや課題はいつの時代も付き物。そこで、目的や用途に応じて資金調達の方法を使いわけすることも重要な経営戦略になります。

「OLTAクラウドファクタリング」も、少額かつスピーディーな資金調達を可能とする手段として、多くの企業に利用されています。今回インタビューさせていただいた熊本県内にある有限会社吉住商店様もその1つです。金融機関や中小企業向けの融資制度とクラウドファクタリングという資金調達の手段を、タイミングや用途によって使い分けている同社代表の吉住様に、「OLTA」をご利用いただいた感想をお伺いしました。

事業内容・資金繰りについて

お客様からの入金と出金の間に生じるタイムラグ解消へ
融資とは違う新しい資金調達方法が「OLTAクラウドファクタリング」

―― まずは御社の事業内容について教えてください

当社は、私が5年ほど前に先代である父から事業を引き継いだもので、病院や保育園、飲食店などに対する野菜や果物の卸事業を行っています。割合的には病院が3割、保育園が4割、残りがゴルフ場や飲食店にご利用いただいています。卸事業の以前(昭和後期)には、先代がスーパーの経営もしていました。こうした経験があるため、食に関わるサービスは何でも扱えることがうちの強みです!

―― 資金が必要になるのはどんなタイミングでしょうか?

出金と入金の間にタイムラグが生じる場合に、手元資金が必要となるケースがあります。基本的に青果物の仕入れは即現金払いなんですよ。さらに当社は、代金をあとで受け取ることが前提である売掛方式を取っているので、どうしても手元の資金が減ってしまうタイミングがあるんです。その間に少額でいいので資金調達できる方法を模索していました。そのため、対象金額が”100万円以上”と書いてある会社は検討対象から除外していました。

―― これまではどのように資金調達をされていたのでしょうか?

これまでは金融機関や中小企業向けの融資制度を利用していました。ただ、資金調達をした後に「借り入れをまとめたい」「借り換えをしたい」と思っても、制度上の制限が多くていろいろと不便も多かったですね。さまざまな資金調達の手段があるいま、銀行や融資制度にこだわらなくてもいいかなと思い、他の手段を検討したところで出会ったのが「OLTA」のクラウドファクタリングです。

有限会社吉住商店 代表 吉住様

「OLTA」を使って良かった点

オンラインでの資金調達は“少し不安”から“非常に便利”に
少額でリーズナブルに利用できることが丁度よかった

―― 使ったことのない資金調達方法に対して不安はありませんでしたか?

最初に「OLTA」に登録したときはものすごく不安でしたね。オンラインの申し込みだけで資金調達が完結するサービスって少し不安だなと思っていたのが正直なところで、資金を調達できるかもしれない期待と調達できなかった場合や万が一トラブルがあった場合の不安など半信半疑という感じで申込みました。

―― 正直に感想をおっしゃっていただきありがとうございます

でも「OLTA」さんのホームページがしっかり作りこまれていて安心できた点と、スタートアップ企業なのでスピーディーな対応をしてくれるのではないかという印象はありました。

―― そんな背景があった中で、「OLTA」を利用することを決めた理由を教えていただけますか?

最終的に4社ほどで検討して「OLTA」を選ばせていただきました。理由は3つあります。ひとつめは、2者間で資金調達ができることです。3者間で取引をするよりもスピーディーに利用できると思いました。ふたつめは、少額でも利用できることです。銀行融資のように大きい額面での資金調達は想定していなかったので、リーズナブルに利用できることを望んでいました。最後は担当の方と会う必要がないという点です。会社が地方にあり、遠方まで面談に出かけるなどの時間が取れないため、「OLTA」はオンラインのみで完結するので余計な時間が取られずに申込みや契約までできたのはありがたかったですね。

―― 「OLTA」を使って良かった点を教えてください

運転資金が確保できたことはもちろん良かった点です。商品の仕入れ代や従業員の給料を余裕を持って支払うことができました。また、資金計画の改善や追加融資の検討も現在進行中ですが、そういった工面をしている間の当面の資金が欲しいときにも非常に便利だと感じました。

「OLTA」に今後期待したいこと

「OLTA」があればすぐに資金調達できる安心感が◎
短期と長期の資金繰り計画を立てながら「OLTA」の上手な活用を目指す

―― 「OLTA」を利用する際に注意していることがあれば教えてください

「OLTA」だけに頼りすぎないという点ですかね。何度か利用させていただいていますが、その間はもちろん資金繰り計画の改善に向けて動いています。正直、「OLTA」のようにすぐに資金調達ができる手段があることはありがたいですが、ゆくゆくは使わずに済むような経営計画を立てています。また、当たり前ですがしっかりとした目的を持って資金調達することも重要ですね。調達金額が少なくても、「従業員の給料と仕入れの資金に使う」といった何かの費用に充てる資金なのか、目的と方向性をはじめに決めてから調達するようにしています。

―― 「OLTA」を活用して、経営がうまくいけば私たちも嬉しい限りです!

特にいまはコロナの影響もあるので、利益予想や資金計画がたてづらい状況です。「OLTA」さんのように短期的に利用できる手段は必要なんですが、長期的な視点も同様に大切なので、それはそれで動いていかないといけないんですよね。

―― 最後の質問です。「OLTA」をどのような方におすすめしたいと思いますか?

資金繰りで厳しい状況だけど、融資以外の方法で資金調達することに対して不安を感じている方におすすめしたいですね。僕もそうだったんですが、やはり新しいサービスを最初に利用するときは怖いし不安なんです。

その点、「OLTA」は、短期間のうちに「パッと調達」して、OLTAへ「サッと支払い」できることが良かったです。またフォロー体制がしっかりしている部分でも安心できましたし、一度利用すると非常に便利なサービスだということも理解できました。

―― そういう方でも気軽にご利用いただけるサービスへと育てていきたいと思います! 本日はありがとうございました。

有限会社吉住商店 様
業種: 食品
地域:熊本県
事業形態:法人
従業員数:1~5名

※ インタビューの内容は2020年7月28日時点でのものになります。