2020.5.29

「銀行さんに良い報告ができそうで、やっとスタートラインにきた感じ」
OLTAを利用してつかんだ堅実な売上UPと精神的な余裕

金融系システムの設計・開発 B社 様
業種: 広告・情報通信サービス
地域:東京都
事業形態:法人
調達金額:101万~300万円
金融系システムイメージ
「資金調達」検討時の課題
クライアントからの入金サイトと協力会社や委託先への支払サイトの差が大きく開くタイミングに、資金ショートが起こる可能性があった

資金調達においてどのサービスを使えばいいかわからない

銀行からの借入は審査に手間と時間がかかる
「OLTA」利用後の効果
ファクタリングはいざという時の助けになり、精神的にも余裕ができる

売上を伸ばし、キャッシュを蓄えながら経営できる状態をつくれた

24時間(1営業日)以内に審査結果が提示され、書類の準備も簡単

手元にある請求書を現金化することによって「借りない」資金調達をオンライン上で実現するOLTAのクラウドファクタリング。今回ご紹介する事例は、システムの開発や設計を行うIT企業です。協力会社や委託先への支払いが一時的に多くなる時期の資金ショートを防ぐためにサービスをご活用いただいています。はじめはファクタリングを利用することに不安があったという同社が、なぜ「OLTA」を利用するにいたったのか。同社が信頼をおいている税理士さんのアドバイスも交え「OLTA」のメリットをご紹介させていただきます。

事業内容・資金繰りについて

協力会社や委託先への支払いが多くなってしまう時期の資金ショート対策に新たな資金調達方法を検討

―― まずは御社の事業内容から教えてください。

主に情報システムの開発や設計を事業として行っています。私が元々グローバルに事業を展開する企業にて約20年間、金融系のプロジェクトをメインに設計・開発からプロジェクトマネジメントを担当してきた経験を活かして設立した会社です。

前職は大きい規模の会社ではあったのですが、正直とても品質が良いといえるものを納品している現場とはいえず……トラブルも多発していたんです。そういう現場を見てきて、しっかりとお客様の要望にかなうものを高品質でつくりたいと思い独立しました。

2020年で10期目を迎えますが、今では24名の従業員と協力会社合わせて約70名が稼働しています。

―― 御社の場合、資金が必要になるのはどういった状況でしょうか?

クライアントからの入金サイトと支払サイトの差が大きくなるタイミングですね。簡単に言うと、当社にお金が入ってくる時期と発注先へお支払いする時期にズレが出てしまうときです。

当社は毎月5日~15日に支払いが増えるので、そのタイミングでの資金確保のために「OLTA」を利用させていただいています。もし支払いができないとなると発注先へご迷惑をおかけしてしまうことになるので、そのような事態にならないように注意をはらっています。

「OLTA」を選んだきっかけ

経営困難をともに乗り越えた税理士さんからオススメされた「OLTA」のクラウドファクタリング

―― 「OLTAクラウドファクタリグ」を知ったきっかけを教えてください。

税理士さんからおすすめされたことがきっかけでした。いくつかお客さんを抱えていらっしゃるなかで、他のお客さんからの評判の良いサービスだということで「OLTA」をご紹介いただきました。

過去に当社の月の売上が1500万円以上落ちてしまったことがあったのですが、彼に財務の面で重要な役割を担っていただき一緒に立て直しに尽力したことがありました。その経験からも、私自身が非常に信頼をおいている税理士の方なのです。

―― ご紹介によりサービスを使っていただくことは私たちとしても非常に嬉しいです!ファクタリングというサービス自体に不安はありませんでしたか?

これまでファクタリングを使ったことがなかったので、他社や取引先などに知られてしまうのでないかという不安はありましたね。その点は事前に当社と御社の2社間のファクタリングサービス他社や取引先に知られることはないということがわかり、安心したところです。


2社間ファクタリングの概要図

また、サービスを使う当初から申込から24時間以内に審査結果が提示され、提出書類もすぐに用意できそうなものだとわかっていたので。よく耳にする審査時間や提出書類についての不安は特になかったです。更に利用時の手数料率について、他社だと手数料の下限が書いてあっても上限は記載しないことが多く、場合によっては上限以上の金額を取られることがあるらしいと聞きました。しかし、「OLTA」は手数料2~9%と上限を明示しており健全なので大丈夫と伺っていたので安心して使い始めることができました。

―― 税理士さんにOLTAのこと深く知っていただいていたんですね。ちなみに他の手段でこれまで資金調達をしたことはありますか?

銀行から借入れたことがあります。ただ、銀行だと試算表や今後の事業の見通しなどかなり細かく計算して書類を準備しないといけないので結構手間なんですよね……。あとは何回も面談を重ねるので、なんだかんだ融資までに最低でも1ヵ月はかかってしまいます。

その点「OLTA」では審査も入金も早いので助かります。また、いつかは入ってくるキャッシュを手前で確保するという点でも銀行融資との大きな違いがありますね。

「OLTA」の効果と今後の経営について

売上を伸ばし、キャッシュを蓄えながら経営できる状態をつくれた
今後も経営者に寄り添ったサービスを期待

―― 実際にサービスをご利用されてみてご感想はいかがですか?

もちろん無料でお金を融通していただけるわけではないので、資金繰りの面で多少マイナスになることは確かです。ただ、やはり会社を経営していると、一時的にキャッシュが必要な場面は絶対に出てきますし、困難な状況でキャッシュが確保できる手段があるということは会社の運営上とても助かっています。あとは経営者の方であれば共感していただけると思いますが、精神的にすごく余裕ができますね(笑)。

―― 「OLTA」を利用してからの変化があれば教えてください。

おかげさまで堅実に売上があがってきて、これからお金を少しずつ蓄えながら経営ができそうだという状態です。ご迷惑をおかけした銀行さんにも良い報告ができそうで、やっとスタートラインに来た感じですね、まだまだこれからですけども(笑)。

―― 厳しい状況を乗り越えたご経験もあるだけに、感慨深いですね。

そうですね。あの時は売上が2億4000万円(2019年2月末決算時点)ほどだったと記憶していますが、今は3億4000万円(2020年2月末決算時点)なのでようやく年間で1億円ほど売上を上げることができました。経営の手法をあれこれと変えながらなんとかやっていますが、「OLTA」さんは今後もキャッシュが必要な際には利用させていただきたいと思います。今は順調ですが、まだコロナの影響でどんなリスクが出てくるかわからないので。(※取材当時2020年4月)

―― ぜひ御社の事業発展のためにご利用いただければ本望です!ちなみに「OLTA」のサービスで改善されたら良い点などあればお気軽におっしゃってください。

はい、特に使いにくかったりやり取りをするなかで不満な点はいまのところないです。私たちユーザーからしたら、早くて簡単で手数料も低いということを望んでいると思いますので、今後もそういったサービスであることを期待しています。 

―― 今後もユーザー様視点でのサービス展開を継続していきます!今日はお忙しいなかありがとうございました。

アイキャッチ画像はイメージ画像です。 photo by vector_corp

金融系システムの設計・開発 B社 様
業種: 広告・情報通信サービス
地域:東京都
事業形態:法人
従業員数:21~50名

※ インタビューの内容は2020年5月29日時点でのものになります。