各業界のクラウドファクタリング事例

クラウドファクタリングは業界ごとに特徴や形式が違います。業界ごとの特徴を理解して、適切な資金調達を実現しましょう。

2020.3.29

アパレル業界のファクタリングとは?活用事例と合わせて解説します

赤坂Neighbors法律会計事務所
弁護士・公認会計士 和田雄太
監修記事

原材料の仕入れから加工までを一手に担うアパレル業界では、実際に商品を制作してから販売を開始するまで、長い時間を要するため資金繰りに困る経営者がたくさんいます。売掛債権を素早く現金化できる「ファクタリング」は早期の資金繰りができるため重宝されています。

ファクタリングを利用するのに適したシーン

「ファクタリング」という単語は聞いたことがない方も多いと思いますが、以下のような課題が当てはまる方におすすめできる資金調達の手段となっております。

  • 新規ブランドの成功や急なトレンド変化に対応するため、すぐに生産拡大をしたいが、生産に必要な投資金額が手元にない
  • 売上や仕入れの季節変動やが大きく、売上が少なく仕入れが大きいシーズンを乗り切るために短期的に資金調達したい
  • 事業規模の小ささや財務体質の悪化で銀行が相手にしてくれない

ファクタリングの利用方法 – アパレル業界の場合

アパレル業界の方には以下のような場合、ファクタリングがおすすめされています。

売上の変動や急な生産拡大による一時的な資金需要を満たしたい

また季節やトレンドによる変動も大きく売上の波もバラバラになります。

そのため、売上が見込めるのであれば、短期的な資金繰り改善のためにに生産拡大のための資金をファクタリングで解消するのは適切な判断と言えます。

また、最近は低金利政策、自己資本比率規制、マネーロンダリング対策などで審査が厳格化・長期化しているため、審査にとおらない・審査に時間をかけたくない、という会社にとっても、即時に資金調達が可能なファクタリングは有力な味方になってくれると思われます。

OLTAのクラウドファクタリングとは?実際のユーザーの声も合わせてご紹介

OLTAが提供する「OLTAクラウドファクタリング」は、お客様の取引先にしられることがない2社間ファクタリングで提供しています。また、個人・法人どなたでもご利用いただけて、買取金額に上限も下限も設定していません。

実際にOTLAクラウドファクタリングを使ってみた方の声です。

今月25日に入金予定だった会社から月末になると連絡があったので、慌てて申し込みました。手数料がこんなに安いんだったら、早くやっておけばよかった

東京都、化粧品製造、100万円

OLTAは、税理士からここがいいんじゃない?と紹介されました。

銀行融資を申し込もうと思ったら、2ヶ月かかると言われたので。

東京都、内装業(商業施設)、500万円

青森から東京のファクタリングA社に行ったが、とても大変で、OLTAが一番良い。切り替えについてA社の担当者からも「ああ、OLTAさんですか、、、それは楽ですよね」と容認

青森県、生花販売、200万円

OLTAクラウドファクタリングが選ばれる3つの理由は、

1はやい

2かんたん

3リーズナブル

です。

すべての手続きがネットで完結、紙の書類提出も面談も不要で、お申し込みから、最短24時間以内で現金化が可能。独自のAIスコアリングをもとにした審査によりコスト削減を実現し手数料は全て込みで業界低水準の2〜9%です。

ぜひ、資金繰りにお困りの際はお気軽にご利用ください。