メガバンクのファクタリングサービスのメリットをプロが解説

外資系金融機関で長年にわたって法人向け融資を担当しており、中小企業の資金繰りに精通している。この経験を活かして外資系金融機関にて、中小企業向けのファクタリング事業を立ち上げると共に、経営健全化のためのコンサルティングも行っている。自身の経験をOLTA Labに寄稿。

最短即日ファクタリングが手数料2~9% | 来店なし、ネット手続のみはOLTA

・メガバンクとは

銀行には成り立ちや営業形態によって都市銀行や地方銀行、ネット銀行などに区別されています。その違いを簡単に説明すると、旧財閥系を基礎として全国の主要都市に支店を持っているのを都市銀行、地方にあった無尽などが母体で特定の地域をサポートする地方銀行、リアルな店舗を持たずインターネットサービスを中心に営業するネット銀行という区別になります。また、銀行は時代を経て吸収や合併を繰り返しています。そうして巨大な銀行グループが3つ出来上がりました。
三菱UFJフィナンシャル・グループ、みずほフィナンシャルグループ、三井住友フィナンシャルグループの「3大メガバンク」です。
いずれも「グループ」となっていますが、これは持株会社の下に銀行をはじめとする様々なフィナンシャルサービスを行う企業を抱え、グループ会社間で連携しながらサービスを提供しているためです。
メガバンクと聞けば「敷居が高い」「審査が厳しそう」「どうせウチみたいなところは・・・」と考えがちですが、はたしてそうでしょうか。
今回はメガバンクでのファクタリングについてのお話です。

・メガバンクのファクタリングサービスの特徴

実は3大メガバンクの中心となる銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行では直接ファクタリングサービスを取り扱っていません。
先ほど説明したように、グループ内の企業が連携してサービスを展開するので、ファクタリングサービスもそれぞれ専門の企業が手掛けています。銀行ではそうしたグループ会社のサービスを顧客に提案するのです。
では、それぞれのグループでファクタリングサービスを提供する会社はというと、三菱UFJファクター、みずほファクター、SMBCファイナンスサービスの3社になります。
これら3社の提供するサービスはほぼ共通です。中小企業でもおなじみの売掛金買取ファクタリングはもちろん、保証ファクタリング、国際ファクタリングなどを手がけています。ただし、SMBCファイナンスサービスは売掛金買取ファクタリングは行っていません。
それでは、三菱UFJとみずほの売掛金買取ファクタリングはどのようなものでしょうか。
まず、両社とも3社間ファクタリングになります。したがって、売掛先への債権譲渡通知は行われますし、第三者対抗要件である債権譲渡登記も行います。
3社間ファクタリングは売掛先に知られるのは嫌だという方が多いのですが、メガバンクグループでファクタリングするならむしろ信用力が高いと評価されているといっていいわけですから、検討の余地はあるのかもしれません。
なお、売掛先との契約に譲渡禁止特約がある場合は別途書面による承諾が必要となります。これは3社間ファクタリングで売掛先に通知するならクリアできる点でしょう。
気になる償還請求権ですが、三菱UFJファクターはHPに償還請求権がないと明記しています。みずほファクターは記載がありませんが、おそらくこちらも償還請求権はないのではないかと思われます。
いずれも売掛先1社ごとに買取極度額を設定して繰り返し利用できるようになっています。ただし、三菱UFJファクターは「買取対象先は、信用に不安のない販売先、また原則買取限度設定額合計1億円以上となります。」としていますから、少なくとも月商3億円以上ないと難しいのではないでしょうか。
ファクタリング手数料については記載がありませんから推測になってしまいますが、融資の利息よりも少し高い水準、年利換算で6~12%程度、月利だと0.5~1.0%程度ではないでしょうか。
審査基準は融資と同程度だと思われます。ファクタリングは融資よりもリスクが高いと考えられるため、融資がダメだからファクタリングというよりも、担保を用意できれば融資可能だけどそれが難しいから売掛金を使ったファクタリングを検討するというように、信用面で問題がない顧客に向けた融資に代わるサービスという位置づけと考えられるからです。

・こういう方におすすめ

3大メガバンクグループのファクタリング会社のいずれも取り組んでいるのは保証系のファクタリングです。これは下請保証制度に対応したサービスが中心で利用は中小の土木建設業が多いです。とはいえ個人からの受注ではなく、JVの下請や公共工事などが対象になっています。こうした工事を中心に請けているのでしたらメガバンクグループのファクタリングを利用できる可能性が高いといえます。

また国際取引の代金を保証するサービスもあり、こちらも中小企業の海外取引を支援しています。最近は企画設計を日本国内で行い、製造を海外に委託するケースが増えていますが、こうした取引にも活用できる可能性があります。
海外取引は運送費や税関手続きなどのコストが高いので一度の取引のロットが大きいため資金の動きも大きくなりますから、ファクタリングを活用していくのはメリットがあります。

中小企業といってもその規模はピンキリです。
メガバンクグループが対象にするのは中小企業の中でも比較的規模の大きい企業です。
しかし、売り上げが大きくても会計がルーズだったり財務面が不安だと審査に通らないこともあります。
実際に私が以前対応したあるメーカーさんは年商50億円を超え、中国などとの取引もあったのですがメガバンクの審査が通りませんでした。
理由は単純です。B/SとP/Lがよろしくないのです。メガバンクに限らず銀行系の審査は一般的な財務指標の数値を気にします。実際の経営ではあまり気にならないかもしれませんが、それがイザというときに引っかかるということがあります。
結局、このメーカーさんは数回当社でファクタリングして次の決算後に銀行の審査を通すことができました。
経営の規模や質も一定の水準を超えていないとメガバンクの審査を通すのは難しいといえます。もしも、御社の売り上げが数十億円規模でメガバンクのファクタリング審査が通らないなら、会計等をチェックしたほうがいいかもしれません。

・結論

メガバンクは敷居が高いと考えている方は多いと思いますが、手形割引やでんさいファクタリング、下請保証などは中小企業でも利用できるサービスだと思います。
一方、売掛金買取ファクタリングは3社間ファクタリングである点をどう感じるかによります。
もしも私が年商20億円の社長なら、どこの誰がやっているのかもわからないファクタリング会社に請求書額面の20%もの手数料を払うくらいなら、メガバンクグループで月利換算でも1%程度のファクタリングを利用したいと考えるでしょう。そのほうが健全だと思いますから、売掛先に頭を下げに行くことに不安を感じることはありません。
しかし、年商3億円なら相手にしてもらえないのも事実です。それなら少しでも手数料が低くて信頼できるファクタリング会社を探すでしょう。

即日で手数料2~9%のファクタリング

ファクタリングを検討しているのであればOLTAのクラウドファクタリングを利用してみてはいかがでしょうか?

ファクタリングの手数料は会社によっては20%を超えるケースもありますし、面談が必須という会社もあります。

OLTAのクラウドファクタリングは、独自のAIスコアリングをもとに審査をすることで

・面談不要でオンライン完結
・手数料は2~9%
・24時間以内入金

を実現しています。

インターネットで完結できる請求書買取額の無料診断サービスをやっているのでお試しに利用してみてください。

→買取額の無料診断【インターネット完結】