事業計画書を書くためのサンプル例

起業するのに必要なことは何でしょう?開業資金、場所、時期、商品やサービスの内容、従業員、計画などなど。それらの全てが必要です。

それらを全て自分の頭の中に入れるだけだと、例えば開業資金の融資を受けるために金融機関を利用する際に、最初から最後まで話さなければならず、非効率的ですね。だからこそ、起業に必要なことを「事業計画書」にまとめるべきです。

この記事では、良い事業計画書を書くためのポイントや、事業計画書のテンプレートを紹介します。

事業計画書はなぜ必要?

事業計画書には自分の事業を見直し整理するなど様々な目的がありますが、この記事では起業したい人が作成する目的に絞って説明します。また、日本政策金融公庫においては「創業計画書」と表現されていますが、それらもあわせて事業計画書と呼ぶこととします。

事業計画書は、銀行や日本政策金融公庫などから開業資金や運転資金を得るために、あなたが行いたい事業とは何か、どのように運営していくかを文章または図で表現したものです。

もしあなたが会社で企画書などの書面を作成した経験があるのであれば、その上位版とイメージしても良いでしょう。企画を通すために計画や数値等を記載すると思いますが、事業計画書は、事業内容を正確に相手に伝えるために、より詳細に内容を記載する必要があります。

良い事業計画書の特徴

事業計画書を作成する前に、良い事業計画書の特徴をまとめましたので、ご参照下さい。

利益があること

融資が拒否される事業計画書の特徴の一つに、利益の見込みがない物が挙げられます。例えば、起業の目的が社会貢献のためとか、地域活性化などすばらしい物なのですが、具体的に会社として利益を出す算段がないなどです。

その理由は単純で、貸したお金が返ってこないと、貸す側も貸せないからです。無職の友人が「いつかお金を返すから、10万円貸してくれ」と言われても、そう簡単にお金は貸せないですよね。それと同じです。

また「もうかりそうだから」という理由はダメです。きちんとした市場調査やテストによる実績、会社員時代の経験に基づく根拠などを示さなければ、利益があるとはみなされないでしょう。

今はやりのビットコインで稼ごうと、「仮想通貨交換業者をやりたい」と思っても、金融の素人でITもよくわからない人が、金融庁からの規制が厳しくなっている今、起業して成功する可能性はほぼゼロです。

簡潔でわかりやすい表現

いくら伝えたい内容がたくさんあるからといって、長々と書くのは禁物です。不要な部分はそぎ落とし、本当に伝えたい項目のみ、シンプルに書きましょう。

また、専門用語や隠語などは避け、誰にでも理解できる内容にする必要があります。融資してくれる相手は、金融の専門家ではあるでしょうが、何でも知っているわけではないのです。家族や友人に読んでもらって、伝わるかどうか確認すると良いでしょう。

数値化

事業内容をいくら言葉でうまく説明しようとしても、限界があります。その点、数字はとても具体的です。「家族がたべていけるだけ稼ぎたい」では具体性に欠けますが、「月50万円の利益を出す」だとわかりやすいですよね。事業計画書にも、顧客数や売上げ、経費、利益などをできるだけ具体的な数字で記載しましょう。

「でも、数字はどうも苦手で・・・」というかたもいらっしゃるかもしれませんが、事業計画書の作成に高度な数学は不要です。小学生高学年程度の算数ができれば問題ありません。それすら無理というのであれば、起業してからすぐに資金繰りに困ることになるでしょう。

返済計画が具体的

お金を借りる以上、きちんとかえさなければなりません。いくら「がんばって仕事しているんだから、返済をもうちょっと待って」と言っても、返済期日を猶予してくれる可能性は低いですし、あなたの信頼性が低くなります。

いつ、どのように返済するのか、そのためにどのように事業を展開するのか、キャッシュフローは?などの計画に具体性が必要です。

事業計画書を作成する流れ

具体的に事業計画書をどのように作成するかについて、順を追って説明します。作成するソフトに決まりはないですが、パワーポイントを使用するのが便利です。

①起業の動機

営業や交渉において、いきなり本題に入るでしょうか?普通は前置きとして、どのような交渉を行いたいかについて、概要をまず話しますよね。事業計画書も一緒です。

なぜ起業したいのか、起業してどのような事業を展開していきたいのか、融資担当者が納得できるように、簡潔に説明しましょう。

②創業者のプロフィール

会社の内容に入る前に、あなた自身の経歴や職歴などを記載します。例えば、これまで大工などの肉体労働をやっていた人が、いきなり金融業を起業したいからお金を貸して欲しい、と言っても審査にうかるでしょうか?あなたのプロフィールは、事業がうまくいく可能性を大きく左右するものと判断されます。

ですので、起業に関係した勤務経歴や担当部署、資格、技能などを中心に記載しましょう。

③会社の概要

起業する会社はどのようなものなのか、様々な項目を記載しましょう。

まずは取扱商品・サービスです。売りたい商品またはサービスの内容をできる限り具体的に記載します。

必ず「売れる物・サービス」であることを意識しましょう。ありふれた物や、非現実的な物は止めましょう。他社と差別化された、オリジナルの商品やサービスが必要ですが、あまりに新しい物だと、相手が分からない可能性があります。

次に、取引先や取引関係についてです。事業を開始してから探せばいい、という甘い考えの人にはお金を貸してくれません。

その他、従業員数や現在の借入状況なども必要です。

④事業の見通し

起業するからには、理想的な計画通りにいかないこともあります。融資担当者もそのことをよく知っていますので、事業の見通しについてはかなりシビアにチェックします。「その計画で資金繰りがうまくいくのか?」「市場調査は十分か?」「競合他社にどうやって勝野か?」などです。

それをふまえ、売上高・経費・利益などについて詳細に記載しましょう。創業当初だけでなく、1年後、5年後など、中長期的な計画も立てるべきです。また、売上げ計画とは別にキャッシュフロー計画も立てましょう。

それらの数字は、必ず根拠が必要です。「これだけ売れるはず」という当て推量ではいけません。そのために、市場調査や商品の魅力は大事な項目です。

事業計画書のテンプレートはどれを使う?

事業計画書は、いくつかの優れたひな形があります。最終的にそのひな形をつかうかどうかはともかく、事業計画書をより詳しく知るために、いろいろなテンプレートを見てみましょう。エクセルやPDFでダウンロードできる物が多く、記入例も書かれているものがあります。

日本政策金融公庫のテンプレート

起業する際に日本政策金融公庫に提出するテンプレートは「創業計画書」とよばれます。創業に当たって必要な基本的な項目が抑えられています。

ただ、日本政策金融公庫の創業計画書は、記載する項目が少なく、記入スペースも狭いのが難点です。あなたが「絶対に起業したい」というのを示すには、やや物足りない印象です。

このテンプレートを利用する場合は、添付書類でより詳しい説明を加えるなどすべきでしょう。

金融機関のテンプレート

銀行などの金融機関では、独自のテンプレートを用意している場合があります。名称が「事業計画書」と異なる場合もありますので、注意しましょう。

金融機関によって内容が異なりますし、こちらも内容が不十分な場合もあります。

インターネットで探す

インターネットにはいくつかのサンプルやひな形があります。中には融資実績の高い事業計画書を作成したWebサイトもあります。

例えば、「創業融資のフルサポ」は、財務局・経済産業局の認定支援機関で、3,000件の融資実績があります。業種別の事業計画書のテンプレートが数多く用意されています。相談は無料ですが、事業計画書の策定以来は有料です。

最初から自作する

これは、一番熱意が伝わる方法ですが、事業計画書として最低限必要な項目が抜けていることも考えられます。この記事に記載されている内容や、他のひな形を参考にしながら記載漏れがないようにして下さい。

飲食店の事業計画書サンプル

おすすめの方法は、優れた事業計画書をまねすることです。ただし、まねしたものをそのまま提出してはいけません。あなたなりにアレンジし、自分のものとして完成させることにより、開業融資を受けやすくなります。

そこで、脱サラして飲食店を開業したいという前提で、記入例を紹介します。

①飲食店起業の動機

あなたが開業したいのがラーメン屋でも喫茶店でも、事業計画書を正しい手順で書き上げなければ、融資がえられません。そして、「なぜやりたいのか」という動機が必要です。

利益も大事ですが、動機の書き方としては、地域や社会に貢献できることをアピールすべきです。また、自分の人脈や資格などを生かしたものだとなお良いでしょう。

ターゲットも大事です。例えば「30代から50代の女性がくつろげるおしゃれなカフェ」
など絞ることと、その根拠として、そのターゲットのニーズがある市場分析の結果などを示しましょう。

サンプル例:自分がお世話になっている地域に恩返しするために、自分の人脈を生かして喫茶店を開こうと思います。日中に主婦の方々が寛げる場所が少ないため、おしゃれなカフェで、居場所を提供します。

②創業者のプロフィール

飲食店を開業して成功するかということが必要です。食品関係の職場に勤務していれば、材料の仕入れなどで有利とみなされるため、その点をアピールすると良いでしょう。

また、調理師や栄養士であれば良いのですが、それらの資格がなければ、食品衛生責任者を取得しましょう。1万円程度の受講費を出せば、1日の講習で取得できます。

サンプル例:学生時代にコーヒーチェーン店のアルバイト歴あり、会社員時代に食料品店との取引があり、開業後の取引をできる人脈を持っている

③会社の概要

何を売るか、これは事業計画書の根幹をなします。飲食店においては簡単なようですが、ラーメン屋なら「売れるラーメン」、喫茶店なら「売れるコーヒー」である必要があります。

また、店舗の場所や立地条件、自己資金、従業員、仕入れ、その他の状況をできる限り詳細に書きましょう。

サンプル例:開業予定地(地図付き)、営業時間スケジュール、人員体制と雇用管理、資金(自己資本、借入予定資金)、店舗内装図、仕入れ企業名など

④事業の見通し

事業がうまくいくには、売上げ見通しが立たなければなりません。そのためには、商品の
オリジナリティ性や、競合などを気にする必要があります。

売上げや利益計画を立てましょう。飲食店の顧客数×商品単価が売上げになります。経費は人件費と物件費に分けられます。自分や家族のみで行うのか、従業員を雇用するのかによって異なります。物件費や食材はもちろん、備品や内装・外装費・家賃・宣伝費なども必要です。

売上げから経費を引いた金額が利益です。利益がゼロやマイナスでは話になりません。開業当初はキャッシュフローが厳しいこともあるため、借入をして凌ぐ場面もあると想定されるのなら、その数値も正確に記載しましょう。

あなたの熱意が伝わる事業計画書を書きましょう

事業計画書を作ることが目的になってはいけません。表面的な体裁を整えるだけなら、ある程度社会人としての経験があるかたなら可能でしょう。しかし、起業するために融資をえたいのなら、融資を受ける相手が納得する内容でなくてはいけません。

起業した後、1年後には半数、10年後には9割以上が廃業すると言われています。そうならないために、この記事で紹介した項目を参考に、なによりあなた自身が納得する事業計画書を作成して下さい。

即日で手数料2~9%のファクタリング

ファクタリングを検討しているのであればOLTAを利用してみてはいかがでしょうか?

ファクタリングの手数料は会社によっては20%を超えるケースもあります。
また、面談が必須という会社もあります。

OLTAのクラウドファクタリングは、独自のAIスコアリングをもとに審査をすることで

・面談不要でオンライン完結
・手数料は2~9%
・24時間以内入金

を実現しています。

インターネットで完結できる請求書買取額の無料診断サービスも実施。
お試しに利用してみてください。

→買取額の無料診断【インターネット完結】