ファクタリングのリコースとノンリコースをわかりやすく解説

ファクタリングには債権請求権が発生する「リコース」と、債権請求権が一切発生しない「ノンリコース(完全保証)」の2種類の契約方法があるのをご存知でしょうか

今回はこのファクタリングにおけるリコースとノンリコースに関する解説を紹介していきます。

最短即日ファクタリングが手数料2~9% | 来店なし、ネット手続のみはOLTA

ファクタリングのリコースとノンリコースを解説

1.償還請求権(リコース)とは

償還請求権とは遡って請求できる権利のことを指し、その権利自体をリコースと訳します。では具体的にファクタリングにおいてはどのような内容を指すのかを次で説明していきます。

2.ファクタリングにおける償還請求権(リコース)とは

ファクタリングでは売掛債権をファクタリング会社へ売却することで資金調達が可能となりますが、売掛先(取引先)の倒産などにより売掛債権の回収ができなくなってしまう可能性があります。ファクタリングにおける償還請求権(リコース)とは、上記の場合にファクタリング会社がファクタリング利用会社に対し、買い取った売掛債権について遡って請求する権利のことを言います。つまりファクタリング利用会社は資金調達できたとしても、最終的には取引先の貸倒リスクを負い債権管理や回収を行う必要があります。

2.1 償還請求権ありのファクタリング(=リコース)

上記の通り、売掛債権を売却した後、売掛先(取引先)の倒産などで債権回収できない場合にファクタリング利用会社がファクタリング会社へ返金する義務が発生する形のファクタリング。

2.2 償還請求権なしのファクタリング(=ノンリコース)

売掛債権を売却した後、売掛先(取引先)の倒産などで債権回収できない場合であってもファクタリング利用会社はファクタリング会社への返金義務を負わない形のファクタリング。

3.償還請求権有りと無しでファクタリングにどんな違い?デメリットは?

3.1 償還請求権ありファクタリング契約(リコース)のメリット・デメリット

償還請求権有り(リコース)の最も大きなメリットは無し(ノンリコース)に比較して手数料が低くなるという点ですが、最大のデメリットは売掛先が倒産した場合、償還しなければならないことです。

3.2 償還請求権なしファクタリング契約(ノンリコース)のメリット・デメリット

償還請求権なし(ノンリコース)の大きなメリットは、売掛先が倒産してもファクタリング利用会社には一切影響が及ばない点です。ファクタリング会社や融資事業者が貸倒れリスクを負担するため、資金調達できた時点でその後の債権管理などを気にする必要がないので安心でしょう。ただしノンリコースの最大のデメリットとして、リコースに比較してファクタリング会社のとるリスクが高くなるため、当然ながら手数料が高く設定されがちということです。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。ファクタリング契約において償還請求権あり(リコース)の場合には、販売先の信用リスクが企業に残るため回収が終わるまでは安心できません。償還請求権なし(ノンリコース)の場合には販売先の信用リスクはファクタリング会社に移転するため、返金義務がない一方、手数料が高額となるケースが想定されます。ファクタリング利用時、償還請求権がどのようになっているかによって手数料や資金調達後の対応について違いが出てくるため、契約の際はよく確認する必要があります。

image by  © Norman – stock.adobe.com

即日で手数料2~9%のファクタリング

ファクタリングを検討しているのであればOLTAのクラウドファクタリングを利用してみてはいかがでしょうか?

ファクタリングの手数料は会社によっては20%を超えるケースもありますし、面談が必須という会社もあります。

OLTAのクラウドファクタリングは、独自のAIスコアリングをもとに審査をすることで

・面談不要でオンライン完結
・手数料は2~9%
・24時間以内入金

を実現しています。

インターネットで完結できる請求書買取額の無料診断サービスをやっているのでお試しに利用してみてください。

→買取額の無料診断【インターネット完結】