信用金庫から融資を受けるためのポイント

企業にとって金融機関からの借入による資金調達は切っても切り離すことはできません。

しかし今まで一度も借入をしたことがないという事業主の方は、どこから借入をしたらよいのか分からないという場合も多いのではないでしょうか?

事業資金の借入は、メガバンクや銀行などあらゆる金融機関から行うことができます。

しかし初めて借入をするような小規模の事業者におすすめの金融機関が日本政策金融公庫と信用金庫です。

この2つの金融機関は小規模の融資を得意としており、初めて事業資金を借りる小規模の事業者でも気軽に利用できるためです。

しかし信用金庫の融資は、信用保証協会の保証が必要になるため手続きはシンプルではありません。

この記事では信用金庫から事業資金融資を受ける流れやポイントを徹底解説していきます。

最短即日ファクタリングが手数料2~9% | 来店なし、ネット手続のみはOLTA

1 初めて融資を受ける場合選びたい金融機関

初めて金融機関から事業資金融資を利用する際におすすめの金融機関は日本政策金融公庫と信用金庫の2つです。

これらの金融機関は少額の融資を得意としており、大口の融資を専門に扱うメガバンクな地方銀行よりも機動力が高く、敷居が低いため初めて金融機関を利用する自営業者や中小企業でも気軽に利用することができるためです。

1 日本政策金融公庫

国の融資機関である日本政策金融公庫は中小企業向けの融資が充実しています。

金利1%台半ばから2%程度と非常に低いという点が特徴です。

また、インターネットからも申し込むことができ、初めて事業資金融資を受ける人でも借りやすい金融機関です。

さらに地域の商工会議所と連携しているため、商工会議所へ資金繰りの相談に行く際などにも日本政策金融公庫を紹介されることが多くなります。

信用保証協会の保証をつけずプロパーで融資をするため、銀行や信用金庫などとは完全に別枠で融資を受けることができるという点もメリットです。

2 信用金庫

信用金庫も地域の事業者に対して事業資金の融資を行っています。

基本的には銀行と同じ信用保証協会の保証付融資になるため、日本政策金融公庫とは別枠で融資を受けることができます。

2-1 信用金庫の特徴

信用金庫の事業資金は基本的に銀行と同じです。

しかし信用金庫には以下の特徴があるので、初めて事業資金を借りる事業者の方におすすめです。

・少額融資にも快く対応
・訪問によって融資手続きを進めてくれる

信用金庫は銀行よりも規模が大きくないため、数十万円程度の少額の事業資金融資にも快く対応してくれます。

また基本的は信金職員が会社へ訪問した上で融資の手続きを進めてくれます。

金融機関から事業資金融資を受けたことがないという人は、銀行へ「お金を貸してほしい」と伝えることに何となく抵抗があるものです。

しかし信用金庫であれば信金職員が訪問によって手続きをしてくれるので、窓口に行く必要はありません。

2 信用金庫から融資を受けるには

信用金庫から融資を受けるためには、どこに相談に行ったらよいのでしょう?

最もオーソドックスなのは信用金庫の直接申込をすることもできますが、その他にも申込方法は存在します。

融資を受ける前から会社の決済用口座を作成しておき付き合いを作っておくことや、業績の良いときにあらかじめ借りておくなどのポイントがあります。

信用金庫の特徴について理解をしておきましょう。

1 信用金庫経由で申込み

信用金庫の窓口に相談に行くことで申し込みをすることができます。

また電話をかけて「事業資金を借りたい」とか「運転資金を借りたい」と言えば営業担当者が会社へ訪問して申し込み手続きをすることができる場合もあります。

いずれにせよ、いきなり窓口に行くよりもあらかじめ1本電話をかけておいたほうがスムーズに進むでしょう。

2 信用保証協会に申込み

信用保証協会に相談に行くことで、銀行や信用金庫を紹介してもらうという申込の流れもあります。

また地方自治体の制度資金を借りたい場合には地方自治体の商工課(制度資金を扱っている窓口で自治体によって窓口は異なる)などに相談に行くことで金融機関を紹介してもらうこともできます。

その際には「どこか借りたい金融機関はありますか?」などと聞かれることが多いため「信用金庫」と答えておきましょう。

3 必要書類

申込の際に必要な書類は以下のような書類です。

・決算書または確定申告書3期分
・商業登記簿謄本(法人の場合)
・会社や商品のパンフレット

そのほか契約時には印鑑証明書などの提出が必ず必要になります。

事業資金は住宅ローンなどの個人ローンのようにあらかじめ提出書類が明確に決まっているわけではありません。

この他にも審査の過程で様々な書類が要求されることがあり、場合によっては取引先から入金のある預金通帳のコピーなどの提出も求められることがありますが、嫌な顔をせずに快く対応するようにしましょう。

4 融資を受けるためのポイント

融資を受けるためには以下のポイントに気をつけて相談に行くようにしましょう。

・何にお金が必要なのかを明確にする
・書類の提出を求められたときには速やかに対応する
・事業の今後の展開を説明することができるようにしておく
・会社の業況が悪い場合には「いつ」「どんなことが要因で」業況が回復する見込みがあるのかを説明することができるようにしておく

基本的には決算書類から返済に問題はないと判断されて、その資金が必要と認められるものであれば融資を受けることができる可能性は高くなります。

この際、営業赤字と債務超過になってしまっている場合には融資を受けることが難しくなってしまいますので、営業赤字や債務超過になる前に申し込みをした方がよいでしょう。

4-1 普段から信金との付き合いがあれば借りやすい

普段から信用金庫と付き合っておくというのが、最も借りやすい方法です。

事業の決済用口座を信金に作っておくと、信金の方から「お金を借りませんか?」という営業をかけてくることも珍しくありません。

また決済用口座からは事業のお金の動きが把握できるため、信金にとって審査をしやすいというメリットもあります。

さらに知り合いの経営者に信金を紹介してもらうというのも非常に効果的な方法です。

信金にとって大切な企業の社長から紹介された人に対して信金も無下に扱うということができないためです。

知り合いの経営者で信金と取引がある人がいたら、その人に信用金庫の紹介を依頼してみましょう。

4-2 業績が良い時に借りるのも手

先ほど説明したように、営業赤字や債務超過になると、事業資金を借りることは非常に難しくなります。

営業赤字に転落しそうになることがあらかじめわかっている場合には、赤字や債務超過に転落する前に早めに融資に申し込みをしておきましょう。

業績が悪い時ほど融資は必要になるものなのですが、業績が良い方が借りやすいのが実情です。

3 信用金庫から融資を受ける流れ

信用金庫から融資を受ける流れは、信用保証協会の保証を得て、その後信用金庫で審査を受けるという流れになります。

申し込みから融資まで1週間から2週間程度の時間が必要になると理解して、早めに申し込みをすることを心がけてください。

1 申し込み

信用金庫・信用保証協会・地方自治体の制度資金窓口のいずれかに申し込みを行います。

信用金庫に申し込みをしておけば、基本的に信用保証協会や地方自治体との交渉は全て信用金庫が行ってくれるので、できれば信用金庫へ申し込みをした方がよいでしょう。

申し込みの際には少なくとも決算書や確定申告書3期分は持参してください。

この決算書類の内容をもとに、信用金庫は信用保証協会へ事前相談というものを上げます。

2 信用保証協会の審査(訪問・面談)

信用金庫から相談が上がってきたら、信用保証協会が審査を行います。

基本的に信用保証協会が審査の段階で訪問や面談を要求することはありませんが、場合によっては信用保証協会の審査担当者が会社に訪問してくることもあります。

3 信用保証協会の保証承諾

信用保証協会の審査が終了すると、信用保証協会は信用金庫に対して「保証の内諾」という回答を出します。

保証の内諾が出たら信用金庫と信用保証協会へ本申し込みを行います。

本申し込みは全て信用金庫で行うことができるため、信用保証協会と直接やり取りをする必要はありません。

信用金庫でも審査を行い、審査に通過すると、必要書類を提出して契約手続きになります。

契約手続きも信用保証協会と信用金庫双方と行わなければなりませんが、信用金庫の窓口だけで全ての手続きを行うことができます。

4 融資実行

契約手続きが完了すると融資実行になります。

融資の際には信用保証協会への保証料を払わなければなりませんが、保証料は融資金から控除され、信用金庫が信用保証協会へ支払いをしてくれるので自分で振り込み手続きなどを行う必要はありません。

5 注意点

先ほども述べたように事業資金の審査には、信用保証協会と信用金庫2つの審査があります。

それぞれの審査で3営業日程度の時間がかかってしまうため、融資までには早くても1週間程度の時間が必要になります。

早めに申し込みを済ませておくことをおすすめします。

また事業資金融資に必要な書類は会社によって様々ですし、審査の過程で突然書類や資料を要求されることもあります。

突然の要求にも嫌な顔をせず、速やかに必要書類を用意してあげるようにしましょう。

結論

事業資金融資は日本政策金融公庫や銀行などで受けることができます。

しかし初めて事業資金を借りる小規模の事業者は、少額融資でも機動的に快く対応してくれる信用金庫が最もおすすめです。

突然相談に行っても快く対応してくれますが、事前に電話をかける、知人の紹介してもらう、決済口座をあらかじめ作っておくなどの下準備をした方がさらに審査はスムーズに進みますので参考にしてください。

即日で手数料2~9%のファクタリング

ファクタリングを検討しているのであればOLTAのクラウドファクタリングを利用してみてはいかがでしょうか?

ファクタリングの手数料は会社によっては20%を超えるケースもありますし、面談が必須という会社もあります。

OLTAのクラウドファクタリングは、独自のAIスコアリングをもとに審査をすることで

・面談不要でオンライン完結
・手数料は2~9%
・24時間以内入金

を実現しています。

インターネットで完結できる請求書買取額の無料診断サービスをやっているのでお試しに利用してみてください。

→買取額の無料診断【インターネット完結】