仕事に行き詰まってときに劇的に効くマインドリセットとは

最短即日ファクタリングが手数料2~9% | 来店なし、ネット手続のみはOLTA

仕事に行き詰まってときに劇的に効くマインドリセットとは

マインドリセットとは、目的に立ち返るという意味があります。皆さんは学校や職場での重要な場面で、プレッシャーなどで本来の自分を発揮できなかったり、大事な目的を達成できなかったりして、悔しい思いをしたことがないでしょうか?そんなことは経験したことはない、という人もいるかもしれません。

しかし、そんな人は少数派ではないでしょうか。ほとんどの人が大事な場面で、その目的どおりに本来の自分の力を出せたらと思うことが多いのではないでしょうか?そんな大事な場面で、素早くその目的や目標を再確認して、本来の自分をうまく表現できるようにするためには何をすればいいのか?

マインドリセットとは、そんな大事な場面でかなり役に立つものであり、習慣化することでさらに効力を発揮するものです。マインドリセットとは具体的にどんな事をすればいいのでしょうか?そこで今回はマインドリセットをご紹介していきます。

1.マインドリセット=「目的に立ち返る」

マインドリセットは、学校や職場など重要な会議やプレゼンテーション、お客様との商談といった大事な場面で、自分の置かれている状況や目的を再認識するために、一度気持ちを整理をしてから臨むという意味ではとても重要になってきます。

また、そうしたマインドリセットがしっかりと出来る人は、社内においても大いに認められる存在になるでしょう。自分が今置かれている状況を常に把握して、商談や会議に向かう事が出来る人は問題ないのかもしれません。

しかし、そういった大事な場面ではどうしても周囲の状況にのまれたり、プレッシャーによっていつもの自分の力をうまく発揮できなくなり、本来の目的が達成できなくなるといった事が起こってしまうかもしれません。

マインドは「心」という意味ですが、自分の「意識」でもあります。その時その時の気持ち、つまり「意識」を変えることがマインドリセットには必要になってきます。例えば大事な場面での自分への「問いかけ」をすることで、これからやることの目的や意義を明確にして、マインドリセットしてしっかりした態度で重要な場面を乗り切ることができるようになります。

マインドリセットの前にマインドセットについても理解しておく必要があります。マインドセットとは「物事を判断したり行動したりする際に基準とする考え方」(デジタル大辞泉)という意味です。

例えばマインドセットとは、その人の考え方などの習慣でもあります。一方マインドリセットの意味は、「マインドセットをし直すこと、思い込みをやめること」です。ですから、その人の悪い習慣などを一度リセットすることを、マインドリセットするといいます。
それは例えば、小さい頃に家庭の中であれもダメ、これもダメといった否定的な言葉の中で生活していた人は、思い切って行動できない習慣をマインドセットがされているかもしれません。

そうした自分を縛っているマインドセットを一度解放してやることがマインドリセットになります。こんな風に書くと簡単なように見えますが、長年の習慣はそう簡単には解放させてくれないこともあります。

しかし、マイナスの言葉で閉じ込められた思考をプラスの言葉で塗り替えることで、マインドリセットすることもできます。それは人間の脳が、案外単純に上塗りされてしまう特徴があるからです。

2.マインドリセットの練習

その方法としてまず大事な場面では、これは何のためにどんな風に大事なのかと、自分の心の中で再確認する習慣をつけることです。その習慣を身につけることで、何でもないミスを減らすことができます。

それから、大事な試験や商談の前などでネガティブ思考になりがちな場面での、マインドリセットする良い方法があります。例えば大事な商談をうまく達成したい場合「私はこの商談をうまく達成できた」というふうに既に達成したようにイメージすることです。

つまり、「達成できなかったらどうしよう」といったネガティブ思考ではなく、「うまく達成することができた」といった過去形にすることが重要です。「私は○○できる」ではなく「私は○○できた」という過去形の方がマインドセットをリセットしやすいようです。

それは声に出してもいいし、出さずに思うだけでもいいようです。もともとネガティブ思考にマインドセットされた思考は、なかなかリセットするのは難しいのですが、何か大事な出来事があった場合は「もし○○ができなかったらどうしよう」ではなくて、そこでマインドリセットするために、「私は○○できた」という過去形をつかって、それまでのネガティブだったマインドセットを素早くリセットします。

始めはうまくいかない事もあるかもしれませんが、段々とポジティブ思考が習慣化して、マインドセットを良いイメージに塗り替えていくことができます。つまりそれまでの悪い思考の癖をマインドリセットするということです。

元々ネガティブ思考の人はマイナスの言葉を多く使っていますし、それは言葉だけでなく思考もネガティブになっている場合も多く、しかも無意識のうちにそうした思考回路を作ってしまいがちです。

しかし、学校や職場では日頃はネガティブでない人も、大事な場面ではつい明日の試験は大丈夫だろうか?とか、明日の商談はうまくいくだろうかとか、つい弱気になってネガティブ思考になったりすることもあります。

そんな時もすぐに思考回路を切り替えて、私は大丈夫だといったポジティブ思考に切り替えることです。そして理想としては、「私は既にうまくいっている」という成功を過去形にしたイメージを持つ方がさらにマインドリセットできるようです。そんな風に日頃からのマイナス思考を、少しづつ前向きなプラス思考に塗り変える習慣を重ねることがマインドリセットになるはずです。

3.まとめ

人間は知らないうちにマインドセットされた思考の癖、考え方の癖のようなものがあってそれは本人も気が付かないうちに固定されています。そんな間違ったマインドセットを引きずっていると、大事な場面で失敗してしまい、その失敗が次の失敗の引き金になることで、失敗癖のようなものがついてしまいます。

そんな良くない癖をリセットするために、プラスの言葉を多用してマイナス思考にならないようにし、できれば「すでに私は目標を達成している」といった、過去のイメージを持つことでよりマインドリセットしやすくなります。そのようにちょっとした思考や言葉の選択で、大事な場面を乗り切ったり成功させることが出来るようになります。

image by  © hikdaigaku86 – stock.adobe.com

即日で手数料2~9%のファクタリング

ファクタリングを検討しているのであればOLTAのクラウドファクタリングを利用してみてはいかがでしょうか?

ファクタリングの手数料は会社によっては20%を超えるケースもありますし、面談が必須という会社もあります。

OLTAのクラウドファクタリングは、独自のAIスコアリングをもとに審査をすることで

・面談不要でオンライン完結
・手数料は2~9%
・24時間以内入金

を実現しています。

インターネットで完結できる請求書買取額の無料診断サービスをやっているのでお試しに利用してみてください。

→買取額の無料診断【インターネット完結】