業績を飛躍させたい経営者必見!成果以外生み出せない組織の条件

最短即日ファクタリングが手数料2~9% | 来店なし、ネット手続のみはOLTA

業績を飛躍させたい経営者必見!成果以外生み出せない組織の条件

会社の業績が中々上がってくれない。頭を悩ませる経営者は多いはずです。業績を上げるためには、目標と期限を設けること、そして、従業員に働きがいを与えること、この2点が重要になります。

業績を上げるチームは、どんな課題を与えても成果を上げてくれます。逆に業績が上がらないチームは、なかなか成果を上げれられません。業績を上げるチームには、能力の高い人ばかりが揃っているのでしょうか。いいえ、決してそんなことはありません。

成果を生み出すことのできるチームは「良い組織」なのです。

そこで今回は成果を生み出し続ける組織の作り方をご紹介していきます。

1.そもそも「良い組織」とは

「良い組織」とは、いったいどのような組織なのでしょうか。まず「良い組織」には、良いリーダーが必要です。良いリーダーは組織を目標達成へと導く為に必要不可欠な存在です。

1.1 リーダーはチームが最大限の成果を生み出すことを常に考える

リーダーに必要なのは、高い技術でたくさんの仕事量をこなすことではありません。良いリーダーはチームのことを一番に考え、チームが最大限の力を発揮できるような仕事場を作ります。さらに、部下に関心を持ち、積極的にコミュニケーションを図ります。仕事の知識も豊富で、チームの良き相談相手となります。

リーダーは能力が突出して優れている必要はありません。むしろ、チームと同じレベルの方が全体のパフォーマンスは上昇します。持っている能力の適正で選ぶべきなのです。具体的には、コミュニケーション能力が高く、成果主義であるべきです。チームの目標を明確にし、チームのために働く人材であることが重要です。

1.2 良い組織は共通の目標へ向かう

良い組織は、決められた期限内に基準をクリアした成果を出します。一人ひとりがチームの目標へ向かって仕事をします。そして、チーム全体に発言しやすい雰囲気があります。会議を行えば、自然に全員が発言するのです。

このようなチームにするためには、チームの社内における役割を明確化し、誰がどのような仕事を行っているのか、全員が理解していることが重要です。一人ひとりが最大限のパフォーマンスを発揮できるように、本来の自分を受け止めてもらえる組織にしていく必要があります。

このように相互的に力を高めていける組織は、個人の仕事の単純な総和よりも、圧倒的に高い業績を上げていきます。

2.経営計画書を配り価値観や方針を明確にする

成果を生み出す組織になるためには、働く人が同じ価値観を持ち、同じ目標を目指せることが必要不可欠です。会社として、経営計画書を配り方針を明確にしましょう。従業員全員を同じ方向に向かせることで、業績は飛躍的に上がります。経営計画書には、目標を示すことが重要です。では、どのような目標を示せばよいのか、具体的に見ていきましょう。

2.1 企業における目標は「SMART」であることが重要

企業における目標は以下の5項目が明確であることが必要です。

1 具体的(Specific)
「業績を上げる」では全く具体的ではありません。何を行うのかを明確にします。例えば「A店の売り上げで〇円を達成する」「B工場の製造コストを〇%下げる」など、分かりやすい目標を掲げます。

2 測定可能(Measurable)
曖昧で定量化できないことは目標になりません。「〇%」「〇個」など数値化できることが重要です。

3 現実的(Achievable)
とても達成できないような難易度が高い目標は、意欲をそがれてしまいます。達成可能な現実的な目標を設定しましょう。

4 関連性(Related)
例えば業績を上げるという目標であれば、それに関連した目標を設定する必要があります。「売り上げを〇%上げる」「自動車を〇台売る」などであれば、業績に直結し関連性があると言えます。

5 期限がある(Time Bound)
いつまでに達成するのか。期限を設定するのはとても重要なことです。

これらは、頭文字をとって「SMART」な目標と呼ばれます。

2.2 会社が「進むべき方向」をはっきりと示す

ノルマを目標にしてはいけません。従業員に納得させ、進んで取り組ませるように仕向けていきます。そのためには、会社が「進むべき方向」をはっきりと示すことが大切です。経営計画書を配り、社員全員に会社の経営指針を共有しましょう。

業績は皆で同じ方向を向いて初めて上昇し始めます。従業員がバラバラな方向を向いていては成果につながらないのです。経営計画書は長く記す必要はありません。短くまとめ、従業員が読みやすい文量にします。そして大切なのは従業員に向けて希望を抱かせる未来を示すことです。社員は会社が成長していくのかを気にしています。

経営者が強い気持ちを持って訴えかけることで、社員は安心してついていくようになります。

3.「精神的報酬」を与える

人生において、仕事は長い時間を過ごす場所です。会社で働くことに喜びを感じさせることは、とても大切です。働くことに喜びを感じさせるためには、従業員一人ひとりを会社が認めていると実感させることです。

3.1 従業員にやる気を出させる、適切な目標を設定する

上司に従業員と一対一で話をさせましょう。もし上司が「どんな話をしていよいか分からない」ようでは、上司としての素質はありません。何気ない会話からでも、従業員が気持ちよく仕事をできる方法、会社に何を求めているかを読み取れます。そして、本人が成長していきたいと思っている方向、それを会社の指針に合うように誘導し、適切な目標を設定しましょう。

従業員に「会社は自分のことを考えてくれている」と思わせれば成功です。会社で働く喜びを感じ、成果を生み出してくれるようになります。

3.2 仕事の成果を認め、褒めることで従業員は成長する

従業員には適切に指示を与えてあげましょう。自由にやらせるだけでは、成果は上がりません。適切な指示をする組織のほうが、ずっと良い成果を生み出します。そして、大切なのは、仕事の成果を認めてあげることです。「よくやった」「助かった」そのような簡単な言葉でも、成果が認められれば人は嬉しいものです。

精神的な報酬は、費用が掛からないのに多大な効果を生み出します。褒めることで従業員は成長してくれるのです。

3.3 会社の一員であることに喜びを感じさせる

例え大企業でなくても、従業員に会社の一員として喜びを感じさせられます。それは、社会に貢献していると実感させることです。作っている製品や、行っている事業がいかに社会の役に立つか、誠意をもって話していきましょう。

経営者の強い気持ちに、社員はついていきます。会社の利益が、社会全体の利益へとつながっていく。そのビジョンが、従業員に働く喜びを感じさせるのです。

4.まとめ

経営者が適切な指針を示し、良い組織を作りましょう。良い組織は、従業員が同じ方向を向き、目標へ向かって突き進みます。さらに、働きがいを感じさせ、仕事に喜びをもたらしましょう。社会的な意義を感じることは、仕事においてとても重要な要素です。

従業員一人ひとりが、会社の利益を達成するために努力を惜しまない空気づくりが大切です。そうすれば、組織が成果を生み出し業績が飛躍していくはずです。

image by  © Monet – stock.adobe.com

即日で手数料2~9%のファクタリング

ファクタリングを検討しているのであればOLTAのクラウドファクタリングを利用してみてはいかがでしょうか?

ファクタリングの手数料は会社によっては20%を超えるケースもありますし、面談が必須という会社もあります。

OLTAのクラウドファクタリングは、独自のAIスコアリングをもとに審査をすることで

・面談不要でオンライン完結
・手数料は2~9%
・24時間以内入金

を実現しています。

インターネットで完結できる請求書買取額の無料診断サービスをやっているのでお試しに利用してみてください。

→買取額の無料診断【インターネット完結】