ファクタリングで早期現金化するためのコツ

ファクタリングを検討する際は早期に現金が必要なケースが多いと思います。

この記事では売掛金(請求書)の買い取りスピードを早くさせるコツをお伝えします。

最短即日ファクタリングが手数料2~9% | 来店なし、ネット手続のみはOLTA

ファクタリングで早期現金化するためのチェックポイント

1.ファクタリングの仕組みについて

ファクタリングとは、自社が保有している売掛債権をファクタリング会社に売却することで資金調達をすることを言います。企業は売掛債権を決済期日の前にファクタリング会社に譲渡することにより、資金調達することができます。

ファクタリングは債権流動化や手形割引と違い、企業が保有する売掛債権を直接ファクタリング会社に売却することで完結します。

ファクタリング会社は、販売先から資金回収できない場合、その企業が売掛債権をファクタリング会社から買い戻す義務がない場合には、販売先の信用リスクはファクタリング会社に移転します。この場合は、売掛債権は消滅する、いわゆるノンリコースの取引となります。

一方、企業が売掛債権をファクタリング会社から買い戻す義務がある場合には、得意先の信用リスクは企業に残ります。この場合は、会計上金融取引に該当するか否かを検討する必要があります。

ファクタリングの取引において、売掛債権の買い戻しの義務が発生するかどうか、ノン・リコースなのかリコースなのかは、事前に契約条件をよく確認するようにしましょう。

2.利用するにあたっての注意事項

ファクタリングは、急な外注先への支払い等、一時的に資金不足になるような場合に、非常に便利な資金調達手段です。ただ、安全なファクタリング会社と取引するために、押さえておくべきポイントがいくつかあります。今回はファクタリングを利用する際に必ず確認しておきたい項目をいくつかご紹介します。

銀行からの融資や国の補助金を利用し、資金調達を行おうとすると、最低でも2週間以上はかかります。その点、ファクタリングは早いところだと3日以内に資金調達が可能です。スムーズな取引を行うためにも、以下に注意して下さい。

(1)ある程度余裕をもって申込の相談を行う

即日現金化をアピールするファクタリング会社もたくさんありますが、審査に必要な書類が揃っていなかったりすると、当日資金化をするのが難しくなることもありますので、ある程度余裕をもって申込み・相談をしましょう。

(2)必要書類を迅速に準備する

ファクタリング会社にも審査は必要です。必要書類が揃わないと審査が進みません。中には書類が揃わずとも審査が出来ることを謳っているファクタリング会社もありますが、お薦めはしません。確り準備するようにしましょう。

主な必要書類は下記になります。
・本人確認資料(運転免許書・パスポート等)
・会社の登記簿謄本
・取引確認ができる資料(請求書・契約書・発注書・納品書等)
・入出金が分かる資料(通帳のコピー等)
・決算書

必要書類については、各ファクタリング会社によって求められる資料が異なることがありますので、詳細はお申込する会社に確認して下さい。

(3)不良債権を持ち込まないこと

販売先から回収が滞っている債権などの、いわゆる不良債権は、ファクタリング会社も買取ってもらえないので、そのような売掛債権はそもそも売却できません。

3.ファクタリング利用に関するトラブルケース


ファクタリングサービスを利用するにあたり、よくトラブルになるケースを紹介します。

(1)二重譲渡

「二重譲渡」とは、ファクタリング会社に売却した売掛債権を、別のファクタリング会社と再度契約を行うとを言います。二重譲渡であることを知りながら、顧客がファクタリング会社に売却したら、これは詐欺にあたります。絶対に止めましょう。

(2)回収した売掛金の使い込み

2社間ファクタリングのように、販売先からの売掛金の回収は、一度企業の銀行口座に入金されます。既に譲渡契約済なので、この現金を使用するのは問題がないように見えますが、本来であればすぐに回収代金をファクタリング会社に返金しなければなりません。

(3)個人事業主はファクタリングサービスを利用できるか?

ファクタリング会社によっては、個人事業主であっても対応してくれるところもありますが、個人事業では事業規模が小さいので売掛債権額が小さいことや売掛債権の回収サイクルが長いこと等の理由により審査が厳しくなるケースがあります。

4.まとめ

ファクタリング利用についての注意事項・トラブルケースの紹介について説明しました。初めてファクタリングを利用される方は、上記内容についてよく理解した上で申込するようにしましょう。

image by  © Paylessimages – stock.adobe.com

即日で手数料2~9%のファクタリング

ファクタリングを検討しているのであればOLTAのクラウドファクタリングを利用してみてはいかがでしょうか?

ファクタリングの手数料は会社によっては20%を超えるケースもありますし、面談が必須という会社もあります。

OLTAのクラウドファクタリングは、独自のAIスコアリングをもとに審査をすることで

・面談不要でオンライン完結
・手数料は2~9%
・24時間以内入金

を実現しています。

インターネットで完結できる請求書買取額の無料診断サービスをやっているのでお試しに利用してみてください。

→買取額の無料診断【インターネット完結】