パラキャリとは?わかりやすく解説

パラレルキャリアとは、会社員が本業だけでなく、副業や非営利活動によって本業とは別のキャリアを形成することとされています。

政府の働き方改革によって以下の2点が企業の会社員にとって大きく変わりました。

①残業代の減少
②ワーク・ライフ・バランスの充実

この2点を解消するものとして、パラレルキャリアという働き方が普及しています。

パラレルキャリアは単純に残業代の減った会社員の報酬維持のために行われるわけではありません。

むしろそのような働き方は、単に報酬目的の副業でパラレルキャリアとは言えないでしょう。

パラレルキャリアとはどのような働き方なのでしょうか?

また働く側の人間にとって、パラレルキャリアには報酬以外にどのようなメリットがあるのでしょうか?

この記事ではパラレルキャリアについて徹底解説を行っていきます。

最短即日ファクタリングが手数料2~9% | 来店なし、ネット手続のみはOLTA

1 パラレルキャリアとは

冒頭述べたようにパラレルキャリアとは、本業以外からキャリアを得ること指します。

一般的に本業以外に副業を持っている人の働き方を、パラレルキャリアということが多いようですが、本来のパラレルキャリアの意味は単に副業を持っている人ではありません。

まずはパラレルキャリアの意味について解説していきます。

1 副業との違い

本業のほかに副業をしている人をパラレルキャリアと呼ぶことが多いようですが、厳密に言えば単に副業をしている人をパラレルキャリアとは言いません。

本業以外でキャリアを積んでいる人のことをパラレルキャリアと言います。

このため報酬が得られない、非営利活動や趣味などのサークル活動でもそこから何らかのキャリアを得ることができていればパラレルキャリアと呼ぶのです。

2 報酬にとらわれない

統計によると副業を持っている人のうち年収1,000万円未満の人は報酬目的で副業をしていると言われています。

一方年収1,000万円以上で副業を持っている人は、報酬目的ではなくキャリアップ目的で副業をしていると言われています。

年収1,000万円未満の人でも報酬目的でなく副業についている人も多いのかもしれませんが、副業を報酬目的でなくキャリアアップ目的で行っている人をパラレルキャリと呼ぶようです。

キャリアアップであれば被災地へのボランティア活動などの非営利活動や趣味のサークルなどもパラレルキャリアと呼ぶのはこのためです。

2 なぜ今パラレルキャリアなのか

今パラレルキャリア注目されていることの原因の1つが政府の推進する「働き方改革」とされています。

むしろ政府が働き方改革を主導する理由は、日本が抱える社会的な原因があるのです。

その社会的な原因はどのようなものなのでしょうか?

1 不安定な社会

これからの日本は超少子高齢化に突入し、人口減少の時代になります。

今でさえ多くの企業が人手不足に悩まされていますが、今後はこの人手不足がさらに加速することが確定的です。

戦後日本が継続してきた終身雇用制は、人材不足が起きずに、従業員に同じ時間で同じ時間で働かせることができるからこそ持続してきた制度です。

しかしこのような単純労働は、今や東南アジアはじめとした多くの途上国に奪われていますし、従業員も転職によってキャリアアップをすることが当たり前の価値観へと変化しています。

このような不安定で流動性の高い社会構造の中では、従業員は企業の中の価値観やキャリアに縛られることなく、個性を生かしその個性を企業に評価される必要があるのです。

また従業員を労働時間でなく、生産性で評価していかなければ企業の経営力は向上しません。

変化する労働環境や企業環境にマッチした人材確保のために、パラレルキャリアということが求められています。

2 結婚や育児に追われる女性こそ

社会的な人手不足の中、女性の社会進出や、育休後の女性の社会復帰また子育て中の女性が働きやすい環境づくりは急務です。

しかし従業員を定時から定時まで縛り付けておき、それ以外の時間で働く従業員を非正規とする労働環境では女性の社会進出や社会進出の障害となります。

出産・育児・子育てに追われる女性が働きやすい環境を作るためにも専業に縛られないパラレルキャリアという考え方は非常に重要なのです。

3 「働き方改革」で変わるこれからの働き方

これまでの日本の企業風土は「社畜」という言葉が表現する通り、会社に尽くし、会社のために働き、会社に合わせてライフスタイルを形成していくという風潮でした。

先ほど述べたように、これからの日本はそのような価値観を継続していたら人口減少と途上国の追随に対応できません。

これから従業員は、時間ではなく生産性で、会社に合わせた自己形成ではなく、自分の能力を会社に提供し報酬を得るという方向性へと変えていく必要があります。

そのような労働環境を整備するための指標が「働き方改革」なのです。

働き方改革によって、今後の働き方はどのように変わっていくのでしょうか?

1 自己実現としての働き方

報酬を得ることは生活していく上での基盤ですので最も重要です。

しかしこれからは、報酬だけでなく、自己実現として働くことが求められています。

パラレルキャリアなどで自分の能力を高め、その能力が最も生かされる会社でやりがいを持って高い生産性で仕事をすることができるようになるかもしれません。

現実にそのような働き方を実現している会社もいくつかあります。

これまでのように、企業の求める人材に自分を形成するという時代から、自分の能力をまず高めそれを生かせる働き方をする時代へと変化することが求められているのです。

2 交友関係を広げる

「兼業禁止」というこれまでの日本企業の中では、人間関係は会社の中と取引先の従業員だけという場合がほとんどでした。

このため退職後には友達が誰も存在せず、ずっと家の中にこもっているという男性は数多く存在しました。

しかしパラレルキャリアが普及すれば、会社員は会社の中だけでなく、趣味・社会貢献・同じ夢を持つ人などと人脈を形成することができます。

これは間違いなく人生を豊かにしますし、そのような人脈から仕事が充実し能率が上がることも考えられるでしょう。

3 仕事を通した社会貢献

パラレルキャリアに対して有給休暇を認めたり、社会貢献をしている従業員に対して報奨金を出している企業も存在します。

このような企業で社会貢献を行えば仕事の一環として社会貢献を行うことができるため、仕事を通じた社会貢献が容易になると言えるでしょう。

4 やりがい

パラレルキャリアによって、会社の価値観でなく、自分の能力に応じた仕事ができるようになれば、仕事に対してもやりがいが生まれます。

また趣味や夢や社会貢献に応じた時間を割くことができれば会社に対するモチベーションが高くなり、仕事と人生が充実するのではないでしょうか?

5 もちろん金銭面の充実も

パラレルキャリアとは本業以外でもキャリアを形成することが定義ですが、パラレルキャリアによって報酬を得ることができれば当然金銭面では本業に専念しているよりも充実することができます。

本業や人生の充実度が高まり、金銭面でもこれまでよりも充実するのであれば上手くパラレルキャリアを活用することができれば良いことづくめと言えるでしょう。

6 本業のモチベーション向上

上司が帰らないから自分も帰れないという会社に勤めている人は、1日ダラダラ仕事をしてしまうものですし、仕事に行くのも嫌なものです。

しかし、パラレルキャリアや働き方改革によって、従業員を時間でなく生産性で評価されることになれば、本業の生産性は間違いなく高まります。

「終わったら早く帰れて、趣味や夢の時間に当てることができる」ためです。

さらに企業の中には、従業員のパラレルキャリアに対して有給休暇や報奨金や助成金を出している会社も存在します。

このような会社の従業員は会社や仕事に対してモチベーションが向上し、さらに本業の生産性が向上することが期待できるのではないでしょうか?

7 すきま時間で業務効率化

働き方改革では、従業員を時間ではなく、生産性で評価するように求めています。

このため遅くまで会社にいる人間が評価されるわけではありません。

従業員とすれば生産性を高め、早く仕事を終えれば終えるほど自分のパラレルキャリアに充てる時間が多くなるため、ちょっとしたすきま時間で仕事をする傾向が強くなることが期待されます。

これは従業員のモチベーション向上につながると同時に、企業にとっても不要に残業代を払う必要がないというメリットにも繋がります。

8 リスク分散

これまでの日本のサラリーマンは「会社が倒産したら路頭に迷う」というのが当然にようにされていました。

しかしパラレルキャリアによって、副業による実績や、キャリアを身につけておけば、たとえ本業の会社が倒産したとしても別に収入を得ることができるリスク分散を図ることもできるのです。

4 場所やデバイスにとらわれない

テレワークやオンライン会議などを導入することで自宅で仕事ができるようになるため、子育て中の人でも家庭を犠牲にすることなく、高い生産性で仕事ができるようになります。

これによって従業員の仕事へのモチベーションがさらに向上し、より高い生産性の向上を期待することができるのです。

結論

パラレルキャリアとは、本業以外の副業や非営利活動や趣味でキャリアを広げることです。

パラレルキャリアが普及すれば従業員の生産性が高まり、より充実した人生や家庭生活を営むことができるようになります。

しかし反対に言えば、これまでは会社のいいなりになって特に考えなくても仕事を得ることができた会社員は、自分の頭で考えて仕事やキャリア形成をする必要が生じたということです。

普通の会社員にとっては急に価値観が180度転換したようなものですので、まずはクラウドソーシングやSNSの趣味のサークル活動などからパラレルキャリアを始めてみてはいかがでしょうか?

即日で手数料2~9%のファクタリング

ファクタリングを検討しているのであればOLTAのクラウドファクタリングを利用してみてはいかがでしょうか?

ファクタリングの手数料は会社によっては20%を超えるケースもありますし、面談が必須という会社もあります。

OLTAのクラウドファクタリングは、独自のAIスコアリングをもとに審査をすることで

・面談不要でオンライン完結
・手数料は2~9%
・24時間以内入金

を実現しています。

インターネットで完結できる請求書買取額の無料診断サービスをやっているのでお試しに利用してみてください。

→買取額の無料診断【インターネット完結】