手形が原因で資金繰りが厳しくなったときの正しい対処方法

会社は時に、資金繰りが非常に厳しい状態に陥ってしまうことがあります。そして、その一因となりやすいのが「受取手形」です。

手形にて売上の代金を受け取った場合、資金化できるまでに一定の期間を要してしまうため、そのタイムラグで資金繰りが悪化してしまう可能性があります。

資金繰りが悪くなってしまうと、支払いの停滞や信用の低下などに繋がってしまうため、できるだけ早く正しい対処を取っていかなくてはいけません。

そこでこの記事では、受取手形が原因で資金繰りが厳しくなってしまった際の対処方法を徹底解説していきます。

受取手形で資金繰りが悪化する要因

手形の需要は縮小していると言われていますが、まだまだ受取手形を利用している方は多いでしょう。

ここでは、そもそもなぜ受取手形が資金繰り悪化の要因となってしまうのか、その理由について解説していきます。

現金を手にできるまでに時間がかかる

受取手形での取引の場合、売上を上げたとしてもすぐにその売上金が入金されるわけではありません。

定められた手形期日になって、会社はやっと現金を手にする事が可能となります。

また、入金が行われるまでの期間ですが、売掛金が約1ヶ月~2ヶ月程度であるのに対し、受取手形はそれ以上の期間がかかってしまう事が多いです。

と、言うのも、売掛金の場合はまず請求日がやってきて、その後入金期日を迎えて入金日となりますが、受取手形は請求日が来たあと、手形取引日を挟んでの手形期日となります。

受取手形の方が売掛金よりも踏まないといけない手順が多く、その分入金されるまでに時間がかかってしまうのです。

売上が入金されるまでの間の期間も、当然ながら仕入れ費用や人件費などの運営コストは発生します。

しかし、会社にはまだ売上が入金されていないため、支払うための現金が不足してしまうことがあります。

「帳簿上では黒字なのに、会社には現金がない」という状況が発生してしまうのです。

現金が無い=資金の借入れが必要と言うこととなり、結果的に資金繰りの悪化に繋がっていきます。

資金不足は、最悪の場合「黒字倒産」を招いてしまう可能性もあるため、企業は売上の多くを受取手形にしてしまわないよう注意が必要なのです。

改善方法を紹介

受取手形が要因で資金繰りが悪化してしまった場合、それをどのように対処していくかが重要なポイントとなります。

ここでは、その改善方法についてご紹介していきます。

資金調達

企業の資金繰りが悪化してしまった場合、最も有効な改善方法は新たに資金を調達することです。

しかしその場合、どのような手段で資金を調達していくかがポイントとなります。

例えば、そもそも資金繰りがギリギリで会社を経営しているような中小企業は、銀行からの融資もそう簡単に得ることはできません。

そこでおすすめしたいのが、以下の手形を現金化する方法です。

手形を現金化

前述の通り、受取手形は期日にならないと現金化できないシステムです。

しかし、方法によっては手形を期日前に現金化することもできます。それが『手形割引』です。

手形割引では、手形を担保とすることにより融資と言う形で資金を調達できます。

また、銀行や手形割引業者へ手形を持ち込むことにより、手形割引を受けることが可能です。

当初の時期よりも早く現金化できる手形割引を利用すれば、資金繰り改善も望めるようになります。

ただし、手形割引にはデメリットもあります。例えば、資金を調達するためにコストがかかってしまう点です。

手形割引を利用した場合、手数料や金利といったコストがかかるため、それが差し引かれた資金しか手にすることはできません。

また、手形割引には審査があるため、通過できない場合はそもそも資金の調達が不可能です。

資金繰りの改善に一役買う手形割引ですが、利用時にはメリット・デメリットをしっかりと考慮する必要があります。

手形を支払いに回す

支払期日が迫っていているのに資金が不足してしまっているならば、手形を支払いに回してしまうのも一つの手段です。

手形で支払いをすることを「回し」と言いますが、手形は裏書を行い回す事が可能なのです。

手形を支払いに回せるならば会社の現金が不足することもないため、資金繰りの悪化を防ぐことができます。

ただし、裏書手形には注意点もあるため、実際に利用する前に確認をしておきましょう。

『裏書手形の注意点』

  • 取引先には事前に了承を得ておく

支払いに手形を回すためには、当然ながら取引先の了承が必要となります。

今まで現金で受け取っていたのものが、急に手形での支払いとなっては相手も困惑してしまうものです。

そのため、手形を回す場合は極力十分な期間をおいて、早めに交渉を行っておくことをおすすめします。

また、全ての支払いに手形を回してしまえば、了承を得る事も難しくなってしまいます。

ですので、支払いの一部だけを手形で回すなど、取引先への配慮を考慮した交渉が必要です。

  • 手形の振出人も重要

手形を回す場合、その手形にどの程度の信用力があるかも重要となります。

取引先の心境をからすると、「現金での返済が無理ならば、せめて信用力のある手形を回してほしい」と思うでしょう。

例えば、財務状況の悪い会社が振り出した手形は不渡りなどのリスクが高くなってしまうため、取引先から拒否されてしまう可能性もあります。

ですので、手形での支払いを認めてもらうためにも、その銘柄についても回す側は配慮しなくてはいけません。

  • 期日を確認しておく

受取手形には振り出し日と支払期日が記載されており、その期間が長期であればあるほど、それだけ「現金化できるのが遅い」ということとなります。

ですので、自社の資金繰りと言う面を考慮すれば、当然その期間が長いものを優先して支払いに回したほうが有利にはたらきます。

  • 償還請求権がかかる可能性あり

手形に裏書を行ったあと、もし期日にその手形が資金化されなかった場合、手形の裏書人に償還請求権がかかる可能性があります。

債務者が手形を落とせなかった責任が、あなたの会社に降りかかるかもしれないのです。

そのような状況を避けるためには手形帳を付けておくなど、日ごろからしっかりと手形の管理を行っておく必要があります。

その他の資金調達方法を検討する

受取手形が現金化されるまでの間に資金繰りが悪化してしまった場合、早期改善が望まれます。

放置しておくと支払いはどんどん停滞し、事業に大きな影響を与えてしまうでしょう。

そこでここでは、手形を用いる以外の、資金繰りを改善するための資金調達方法を解説していきます。

ファクタリング

ファクタリングとは、売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらい、資金化するというものです。

売掛金は受取手形と似たような性質を持っており、現金化されるまでに1ヶ月~2ヶ月程度かかってしまいます。

しかし、ファクタリングで早期資金化できれば、資金繰りの改善も望めるようになります。

また、ファクタリングには審査がありますが、その審査は売掛先に対して行われるため、財務状況のよくない中小企業などでも資金を調達できます。

更に、借入れではなく、あくまで売掛金の買取にあたるファクタリングは、売掛金さえあれば保証人や担保も不要で現金を手にすることが可能です。

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫は国が100%出資をする政府系金融機関であり、銀行から融資を受けにくい中小企業や個人事業主などの資金調達をサポートすることを目的としてます。

基本的に、資金繰りが厳しい企業に対しての銀行の審査は辛く、中小企業や個人事業主が相手ならば尚更です。

しかし日本政策金融公庫ならば、そもそもそのような銀行から融資を受ける事が厳しい企業を支援することを基本理念としているため、融資を受ける事ができる可能性があるのです。

また、融資が下りるかは不明であったとしても、日本政策金融公庫では事業に関する幅広い相談を受け付けているので、資金繰りについて悩んでいることを相談してみてもいいでしょう。

ビジネスローン

ビジネスローンとは事業性資金の融資商品であり、商工ローンや事業者ローンと名前を変えることもあります。

また、銀行系やノンバンク系、消費者金融など様々な金融機関がビジネスローンを提供していますが、共通する特徴を持っています。

まず、ビジネスローンには「審査に通過しやすい」と言う特徴があります。中でも、ノンバンク系や消費者金融系は、融資条件が銀行よりも緩めである事が多いです。

他にも、「融資が実行されるまでの期間が早い」と言うメリットもあります。

早ければ、即日にでも融資が下りる金融機関もあるので、すぐにでも資金が必要と言う際には重宝できるでしょう。

ただし、ビジネスローンには「金利が高い」というデメリットもあるため、コスト面を考慮した場合、できるだけ利用を避けたい資金調達方法でもあります。

長期に渡っての借入れとなる場合には、ビジネスローンはあまりおすすめできません。

結論

資金繰りが悪化してしまい、その改善方法で悩んでいる方は多いです。
しかし、受取手形が資金繰り悪化の原因である場合は、その手形を利用することにより早期改善が望めるケースもあります。
手形を現金化したり、支払いに回したりすることを検討してみましょう。

また資金繰りがきびしいならば、ファクタリングなどの、その他の手段で資金を調達することを考えてみるといいでしょう。
会社の現金が無くなってしまうと「黒字倒産」を引き起こしてしまう危険性もあるため、しっかりと的確な対処を取っていきたいところです。

即日で手数料2~9%のファクタリング

ファクタリングを検討しているのであればOLTAを利用してみてはいかがでしょうか?

ファクタリングの手数料は会社によっては20%を超えるケースもあります。
また、面談が必須という会社もあります。

OLTAのクラウドファクタリングは、独自のAIスコアリングをもとに審査をすることで

・面談不要でオンライン完結
・手数料は2~9%
・24時間以内入金

を実現しています。

インターネットで完結できる請求書買取額の無料診断サービスも実施。
お試しに利用してみてください。

→買取額の無料診断【インターネット完結】