トータルコストで考えると実は銀行借入より安いファクタリング の手数料

この記事に登場する専門家

会計事務所アリー代表:田中貴久

2006年早稲田大学教育学部卒業、2007年公認会計士第2次試験合格、新日本有限責任監査法人入所、2011年公認会計士試験(旧3次試験)合格 公認会計士登録、2013年 株式会社NTTドコモ 財務部出向、2016年 税理士登録、会計事務所アリ―代表就任。中小企業の融資や資金調達ノウハウに対して深い知識と経験を持つ。特に日本政策金融公庫における実績多数。

ーーー
資金調達が必要な場合、まず銀行借入が頭に浮かぶと思います。もちろん銀行借入も資金調達に良い方法ですが、「ファクタリング」も資金調達の候補に入れてみましょう。ファクタリングとは、ファクタリング会社に手数料を支払い売掛金を買い取ってもらい、将来回収予定の売掛金を期日より早く現金化する方法です。万が一取引先がデフォルトした場合もファクタリング会社が回収リスクを負担してくれるので安心です。ファクタリングは手数料も意外と安くなる場合もあるので、今回の記事では手数料の面でファクタリングの有効性について詳しく紹介します。

最短即日ファクタリングが手数料2~9% | 来店なし、ネット手続のみはOLTA

1.ファクタリングの手数料相場

ファクタリングの手数料はファクタリングの形式によって異なります。それぞれに特徴があるので手数料とファクタリング形式のメリット・デメリットを比べてみましょう。

1.1 3社間ファクタリングの手数料

3社間ファクタリングはファクタリング会社・契約者・取引先の3社間の同意の元結ばれる契約です。銀行系のファクタリングは主にこの3社間ファクタリングになります。売掛先に対する調査や契約も直接行われるので、契約者の資金繰りが苦しいと思われてしまい、最悪の場合契約を断られてしまう可能性があることがデメリットでしょう。また、3社間なので契約までに時間がかかってしまうこともあります。

しかし、売掛金は直接ファクタリング会社に支払われるので、ファクタリング会社としては回収について安心できます。そのため手数料は1%~5%と安く抑えらることが多いです。特に業績好調で財務状況が良い売掛先の場合の手数料は安くなります。

1.2 2社間ファクタリングの手数料

2社間ファクタリングはファクタリング会社と契約者の2社間で契約します。3社間ファクタリングとは異なり、売掛先へは契約については知らせず、売掛先の信用調査のみ行ないます。売掛債権の確認もほとんどの場合、契約者からの提出資料で確認します。

売掛金については、契約者が一旦回収した後にファクタリング会社に引き渡します。直接売掛金を回収できないことでファクタリング会社の回収リスクが上がるので、一般的には手数料は6%~30%と3社間ファクタリングに比べて高くなります。

ただし、2社間ファクタリングの最大のメリットはとにかく早く現金化できることです。2社で契約を完結できるので、問題がなければ最短だと契約日に買取金を受け取れる程です。資金繰りがギリギリで早急に現金が必要な時には便利です。

また、最近ではAI審査とオンライン申込でコストを削減し、2社間ファクタリングでも2~10%程度の低い手数料で利用できる「クラウドファクタリング」も登場しています。

会計士田中貴久先生のコメント

OLTAさんの場合は2社間ファクタリングで2~9%と3社間並に手数料が安いですね。何より、上限が9%と明示されているので安心して利用できます。

2.手数料は妥当なのか?

ファクタリングの手数料は特に決まりはなく、さまざまな要因によって取引先毎に決まります。主に売掛先の信用力、ファクタリング会社の使用回数、売掛金の譲渡額などによって変わってくると言えます。

ファクタリングは契約者ではなく、売掛先の信用力でジャッジします。大企業や財務状況の良い会社の売掛金であれば信用力が高くなり、デフォルトリスクも少ないと判断されるので、手数料は安くなります。

また、ファクタリング会社をよく利用していれば事故やトラブルが起こりにくい会社として、手数料は安くなります。何回も同じファクタリング会社を使っている際には手数料が安くならないか交渉してみるのも良いでしょう。

売掛金の譲渡額によっても手数料は変わります。売掛金が1,000万円のファクタリングも50万円のファクタリングでも、ファクタリング会社の労力には変わりありません。必要最低限の固定費は変わらないため、売掛金の譲渡額が少ないと手数料が高くなるファクタリング会社もあります。

一方で、譲渡額が高くなる程、手数料が高くなるファクタリング会社もあります。ファクタリング会社にとっては回収できなかったときの損が大きくなるためです。

これらを総合的に判断し、最終的な手数料が決まってきます。

会計士田中貴久先生のコメント

OLTAさんの場合は独自のAIスコアリングで審査をしているので、金額が低いと手数料が上がるということは無いようです。

3.リスクの値段

上記でも触れましたが、ファクタリング会社にとって一番困ることは売掛先がデフォルトし売掛金を回収できないことです。償還請求権を放棄した上の契約なので、売掛金の回収ができないリスクが高い案件については、当然手数料が高くなります。

ファクタリング会社は案件を始める前に、必ず売掛先の信用情報のチェックをします。売掛先が赤字が続いていて財務状況が悪い場合はリスクがあると判断されてしまいます。売掛先が多い場合は、なるべく財務状況の良い会社を選ぶ方が手数料を抑えられます。

また、2社間ファクタリングの場合は3社間ファクタリングに比べてリスクが高いです。売掛金をファクタリング会社が回収前に契約者が使い込むケースや、悪意が無くても資金繰りがギリギリでファクタリング会社が回収する前に倒産することもあります。そのため3社間ファクタリングよりもリスクがあると判断され手数料は高くなってしまいます。

会計士田中貴久先生のコメント

ファクタリングを利用する者だけでなく、売掛先の信用力などを総合的に判断して手数料は決まります。

4.手数料に含まれる諸費用

手数料は案件について異なりますが、実際の手数料がどのように使われているか気になりますよね。手数料について詳しく見て行きましょう。

会計士田中貴久先生のコメント

OLTAさんの場合、振込手数料以外の諸費用は一切とっていないのが特長ですね。

4.1よくあるファクタリング契約に関わる諸費用内訳

ファクタリング契約の諸経費の内訳

  • ファクタリング会社の利益
  • 登記費用
  • 紹介料
  • 印紙代
  • 人件費
  • 交通費

以上の内訳になるのが一般的です。手数料の内、大体10万円程度は固定費として、その他がファクタリング会社の利益になります。上記でも触れましたが、金額が少なくてもこの固定費の10万円は必ず必要になるので売掛金の譲渡額が少ないと手数料が高くなってしまいます。

4.2債権譲渡登記に必要な司法書士手数料:8万円〜10万円

登記費用とは、司法書士に債権譲渡登記の手続きを依頼することで発生するものです。司法書士によって手数料は異なりますが、相場は8万円~10万円です。具体的には、譲渡債権登記と抹消登記事務の手続きと、債権譲渡契約書作成の料金が登記費用で必要になります。

4.3登記に関わる印紙代:2万円前後

登記に関わる印紙代は債権譲渡契約書の印紙代が金額によって異なりますが200円~、債権譲渡登記の印紙代が7500円、抹消登記は1000円、登記事項証明書の交付は500円(オンライン)が必要になってきます。債権譲渡契約書は相互に契約書を書き、その分の印紙代が必要になります。

4.4その他交通費や紹介料:3万円前後

登記をしに法務局へ行ったり、司法書士を訪れるための交通費も手数料に含まれます。また、司法書士を紹介する紹介料なども手数料に含まれるので、一般的にこれらの諸経費は3万円程度かかります。

5.ファクタリング手数料と融資の金利、トータルで損しないのはどっち?

銀行融資の金利とファクタリングを比べるとどちらを使った方が損しないのでしょう?それは契約者の財務状況やファクタリングの契約内容によるところがあります。

銀行借入では財務状況や業績について厳しくチェックされます。大企業であったり、業績が良く銀行格付で良い成績ならば金利は安くなるので、ファクタリングするよりも銀行借入のほうが安く資金調達できるでしょう。ただし、銀行借入は調査などに時間がかかり、新規融資は相談してから実行までに大体1ヶ月ほどかかります。もし早急に現金が必要な場合はファクタリングを使った方が良いでしょう。

また、銀行借入は業績や財務状況が悪いと格付も下がり金利が高くなります。それと、銀行借入の場合担保や保証も求められることから、担保にできる物件がない場合などは利用するのが難しいです。

担保が提供できる場合も登記費用など別途かかってくるので、金利だけではなく、融資全体でかかる費用について確認する必要があります。

それに加えて、担保や保証が十分ではなくプロパー融資が難しい場合は保証協会に対する保証金を払わなくてはいけません。取引が浅かったり、創業間もない会社だと保証付きの融資になることがほとんどです。

その点、自社の財務状況や業績に自信が無い会社でもファクタリングなら手数料を安く抑えられる可能性があります。売掛先が大手企業であったり、業績が良い会社であれば、ファクタリングなら手数料を抑えられるからです。

更に、3社間ファクタリングなら手数料は1%~5%となるため、銀行借入の金利より安くなる場合があります。もし、売掛先に相談しやすい場合は3社間ファクタリングを使ってみた方が銀行借入より良いかもしれません。

また、手数料とは直接関係ありませんが、ファクタリングは有利子負債では無いので、財務諸表が悪化することはありません。ファクタリングをすることによって金融機関からの評価が落ちないこともポイントになります。有利子負債を増やしたくない会社におすすめの資金調達方法です。

会計士田中貴久先生のコメント

単純に金利と手数料だけを比較した場合、銀行借入の方が低いコストに見えますが、借入までに至るコミュニケーションコスト(面談時間や定期的な接待など)も含めて考えると、結果はまた違ってくるかもしれませんね。

6.ファクタリング手数料の適正価格の見極め方

ファクタリング手数料が、明らかに高い場合はファクタリング業者が悪徳業者の可能性もあります。手数料は上記の通りの内訳になるので、大手企業の優良債権であるにもかかわらず、提示されたファクタリング手数料が30%を超えている場合などは注意が必要です。

大手企業で業績も好調の会社であれば2社間ファクタリングでもファクタリング手数料は20%以下となることが多いです。普通のファクタリング会社であれば、財務状況や資金繰りが良くない売掛先との契約であっても30%以下になるはずです。

ファクタリングは融資とは違い規制もないため、業者によって提示される手数料に差が出てきます。最低でも3社くらいから見積書を入手して、まず相場を知ることから始めてください。また、提示された手数料が安くても、事務手数料などを別途請求されるケースもあるので、手数料内訳の確認は入念にしましょう。

7.まとめ

ファクタリングの手数料はさまざまな要因によって決まります。売掛金の金額や売掛先の信用力などで手数料は変わってきますが、ファクタリングを利用した方がトータルコストで銀行借入より安くなる場合もあります。特に自社の財務状況に自信がなく、売掛先が優良企業の場合はお得になる可能性が高いです。あまり馴染みがないかも知れませんが、手続きも簡単なので、ファクタリングを資金調達の一つとして是非候補に入れてみてください。

即日で手数料2~9%のファクタリング

ファクタリングを検討しているのであればOLTAのクラウドファクタリングを利用してみてはいかがでしょうか?

ファクタリングの手数料は会社によっては20%を超えるケースもありますし、面談が必須という会社もあります。

OLTAのクラウドファクタリングは、独自のAIスコアリングをもとに審査をすることで

・面談不要でオンライン完結
・手数料は2~9%
・24時間以内入金

を実現しています。

インターネットで完結できる請求書買取額の無料診断サービスをやっているのでお試しに利用してみてください。

→買取額の無料診断【インターネット完結】