おすすめ記帳代行ソフト4選

最短即日ファクタリングが手数料2~9% | 来店なし、ネット手続のみはOLTA

記帳代行ソフトとは?

記帳代行とは、領収書や請求書、通帳などの資料から、記帳(帳簿作成業務)を代行するサービスになります。

具体的には伝票や仕訳帳、現金出納帳など補助簿の作成までの業務を指すことが多いです。

「記帳代行ソフト」と呼ばれるものは、要するに「会計入力サービス」に使用される会計ソフトということです。

昨今、パソコンの普及により昔はすべて手書きで行っていた会計帳簿作成も、会計ソフトを使用することがほとんどになりました。

それに伴い、会計処理を自社内で行う「自計化」の流れが顕著になってきました。

経理事務を自社で行う取り組みです。自社内で経理取引内容を記帳するのに、会計ソフトを使用することですべてを税理士などの専門家に任せなくても経理業務が非常に行いやすくなったのです。

とはいえ、一通り経理知識を学習しないと導入には抵抗があるかと思います。会計ソフトと、記帳代行サービスを、効率よく合わせて利用することが会計処理を効率的に、さらには会計処理のみならず業務改善や財務分析など経営の根幹に関わってくる情報まで見ることが可能になってきます。

ここでは具体的に会計ソフトを紹介していきます。

記帳代行ソフト(会計ソフト・従来型とクラウド型)

現在、会計ソフトには大きく2つの種類があります。従来型の会計ソフトと、クラウド会計ソフトです。

従来型会計ソフト

パソコンにソフトをインストールして使うタイプの会計ソフトです。

有名なものだと「弥生会計」などがあります。

メリット

  1. ネット接続を介さないので、入力処理が比較的早いです。(ソフトが入力されたパソコンさえあれば作業可能)
  2. 一行仕訳、振替伝票、総勘定元帳、現預金出納帳など、帳簿組織上のいろいろな角度から入力できるので、ある程度の簿記知識(会計知識)がある人は、効率化の余地があります。

デメリット

  1. 法令の改正に自動対応していないケースがほとんどであるため、適宜アップデートやバージョンアップの必要があります。(場合によってはソフトの買換などが必要)
  2. 一行仕訳、振替伝票、総勘定元帳、現預金出納帳など、帳簿組織上のいろいろな角度から入力できる反面、簿記知識(会計知識)の薄い人には使うのが困難です。
  3.  入力したデータの保管や管理が困難です。(パソコンが壊れてしまった場合に合わせてデータが抹消してしまうなど)

クラウド会計ソフト(インターネット経由の記帳システム)

個別のパソコンにソフトをインストールしなくても、インターネットを経由して利用できる会計ソフトです。「弥生会計オンライン」「MFクラウド会計」などがあります。

メリット

  1. ネットバンキング、クレジットカードデータなどを取り込んで自動仕訳が可能なため、膨大な数の処理も比較的簡単にできる。
  2. 常にバージョンアップした状態(最新の状態)で使用可能なため、法令改正なども気にせずに使うことができます。(従来型に見られるようなソフトの都度買換は不要)
  3. インターネットを経由して利用できるサービスのため、パソコンを買い換えてもとりわけ特別な作業なく、インターネットに繋げさえすれば利用できます。
  4. 入力したデータは、会社のパソコンやHDではなくクラウドサーバに保管されるため、データの保管や管理の手間が減ります。(会社のパソコンが壊れてデータが見れなくなるといったリスクが少ない)
  5. 人工知能(AI)が搭載されているものもあり、今後ますます簡単に入力ができるようになる可能性があります。

デメリット

  1. 維持コストがかかる。ソフトを購入する必要はないが、月額もしくは年間使用料といった形でランニングコストがかかります。
  2. 特殊な業種や複雑な会計処理には対応していないケースがあります。
  3. 従来型の会計ソフトとは仕様が大幅に異なるケースが多いため、従来型会計ソフトを使用していた人だと慣れるまでに時間がかかるかもしれません。
  4. インターネットを介することによるセキュリティ対策が今後課題となっています。

従来型の会計ソフトと、クラウド会計ソフトとそれぞれメリット・デメリットが存在し、現状だと業種によっては従来型会計ソフトでないと対応が難しいケースなどあります。

ただしクラウド型会計ソフトの飛躍はここ数年大変凄まじく、今後利便性の向上含めますますの拡大が予想されます。

使用する側にもメリットが大きくなることが予想されます。

記帳代行ソフトの選び方

事業規模(法人化個人か)

記帳代行ソフトには「法人用」「個人用(個人事業主)と事業規模に合わせて異なるものが存在します。

課される税金が違う(法人税か)ためです。また、各社が提供している会計ソフトのプランには事業規模制限月のものがありますので、合わせて確認するようにしましょう。(ex:MFクラウド会計のライトプランは従業員5名までの会社向けサービスとなっております)

機能・ユーザビリティ

基本的な機能はほとんどの記帳代行ソフトでも標準で使用可能ですが、特殊な業種や複雑な会計処理には対応していないケースがありますので注意が必要です。

記帳代行サービスを行う会社とシステム体制を合わせる

記帳代行や、税務申告・決算申告を行う顧問税理士と使っている会計ソフトを合わせた方が、データの共有が簡単になるので効率的に作業等が進行できるでしょう。

アップデート費用の有無

法令改正など、税制の仕組みが変更になると会計ソフトもアップデートする必要があります。原則無料なものが多いですが、アップデートが有料のものもありますので事前に確認するようにしましょう。

その他にも各事業の特色とオプションなどを考慮して検討してください。

例えば下記のようなシステムやオプションがあるサービスがあります。

  • POSレジ連携ができるもの。
  • 経営分析が行えるレポートなどを自動作成してくれるサービス。

記帳代行ソフトには、「初回○日限定」などで無料期間が付いているものが多く存在します。

その特典を活かしてまずは実際に使ってみて、自分にとって使い勝手の良い記帳代行ソフトを探してみるのも良いでしょう。

おすすめクラウド会計ソフト

freee

クラウド型会計ソフトシェア率ナンバーワンです。

直感的なインターフェイスで非常に使いやすく、簿記の知識が一切ない人でも使いやすい記帳会計ソフトです。

自動的に入出金を反映できるのが特徴です。(クレジットカード決済や銀行明細による売上高と決済手数料が「クラウド会計ソフト freee」に仕訳形式として自動的に反映される仕組み)

無料お試し期間:30日間
無料プラン:なし
月額料金:個人980円〜、法人1980円〜
https://www.freee.co.jp/

MFクラウド会計

比較的会計知識がある方にオススメの会計ソフトと言われています。導入しやすい価格設定も魅力の1つです。

無料お試し期間:仕訳50件までなら無制限
無料プラン:あり
月額料金:1980円〜
https://biz.moneyforward.com/

弥生会計オンライン

会計ソフトとしては知名度が非常に高い、弥生会計ソフトのクラウド版です。

他の弥生シリーズを使用したことのある人にはインターフェイスが似ているので一番使いやすく、慣れるのも早いのではないでしょうか。

知名度と信頼性で抜群の安定感を誇っています。

カスターマーサポートが大変充実しているプランもあり、電話などでもサポートが受けられるので安心感をあります。

また、創業して間もない方には嬉しい、2015年1月1日以降に法人登記した事業者は、初年度無料で使用可能というキャンペーンも行っています。

無料お試し期間:60日間
無料プラン:なし
年間料金:26000円〜
http://www.yayoi-kk.co.jp/products/account-ol/index.html

e21マイスター

日本最大手の税理士・会計士コミュニティを持つTKC全国会の会計ソフトです。

中小企業向けに会計・給与・請求がワンパッケージ化されており、TKC全国会に登録している税理士や会計士から手厚いサポートを受けることが可能なのが魅力です。

無料お試し期間:各顧問と相談
無料プラン:各顧問と相談
年間料金:月額顧問料プラス月額3000円〜
https://www.tkc.jp/fx/e21

まとめ(結論)

記帳代行ソフトは実に多くの会社がサービスをリリースしています。

各事業にあったものを吟味して使用することをお勧めいたします。オプションなどにも留意して記帳代行ソフトを選定しましょう。

即日で手数料2~9%のファクタリング

ファクタリングを検討しているのであればOLTAのクラウドファクタリングを利用してみてはいかがでしょうか?

ファクタリングの手数料は会社によっては20%を超えるケースもありますし、面談が必須という会社もあります。

OLTAのクラウドファクタリングは、独自のAIスコアリングをもとに審査をすることで

・面談不要でオンライン完結
・手数料は2~9%
・24時間以内入金

を実現しています。

インターネットで完結できる請求書買取額の無料診断サービスをやっているのでお試しに利用してみてください。

→買取額の無料診断【インターネット完結】