ファクタリングと手形割引の違いをわかりやすく解説

この記事に登場する専門家

会計事務所アリー代表:田中貴久

2006年早稲田大学教育学部卒業、2007年公認会計士第2次試験合格、新日本有限責任監査法人入所、2011年公認会計士試験(旧3次試験)合格 公認会計士登録、2013年 株式会社NTTドコモ 財務部出向、2016年 税理士登録、会計事務所アリ―代表就任。中小企業の融資や資金調達ノウハウに対して深い知識と経験を持つ。特に日本政策金融公庫における実績多数。

ーーー

「債権の早期回収」という目的が「ファクタリング」と「手形割引」は同じなので、同じような意味合いで捉えられている方は少なくありません。

売掛債権は本来流動性が乏しい資産であり、決済期日が到来して現金化されるものです。売掛債権の流動化では企業が保有する売掛債権をファクタリング会社・金融機関などへ譲渡したり、担保にして資金調達をします。日本では従来売掛債権やこれを裏付ける手形を用いたファイナンスとして手形割引という手法が存在していました。

本章では、ファクタリングと手形割引の違い・ファクタリングによる売掛債権の資金化の重要性について説明します。

最短即日ファクタリングが手数料2~9% | 来店なし、ネット手続のみはOLTA

ファクタリングと手形割引の違いを解説

1.ファクタリングと手形割引の違い

ファクタリングでは資産の信用力が一義的に考慮される点で、従来的な手形割引のようなファイナンス手法とは一線を画しています。優良取引先の売掛債権であれば、当該企業の本来の金融機関の取引条件より好条件な資金調達ができる可能性があります。仮に、当該企業の財務状況や業績が一時的に厳しい環境にあったとしても、ファクタリングを活用することで運転資金を資金調達することができる可能性があります。

では、なぜ従来的な手形割引や売掛債権担保融資の場合、ファクタリングのようなコストで資金調達ができないのでしょうか?もちろんそうならざるを得ない合理的な事情がある場合もありますが、従来譲渡債権についての優良か否かという概念が薄かったこともあります。

銀行を中心とした借入はコーポレートファイナンスといわれるように、当該企業の信用力を重要視します。一方、ファクタリングにおいては、仕組み金融といわれるように企業の資産に注目し、販売先の信用力を重視した資金調達であるため、コスト優位性のある資金調達が可能になります。

会計士田中貴久先生のコメント

手形の流通量はピークだった1990年から1割以下に減少し約370兆円となっています。流通量が減れば、当然手形割引によって資金調達ができる機会も減ることになりますね。

2.中小企業金融としての売掛債権資金化の重要性

日本の中小企業においては、銀行借入による資金調達が中心であったことから、借入負担比率がやや過大な傾向にあります。足元では中小企業の金融機関からの借入額は減少傾向にありますが、その代替として企業間信用取引の利用が増加傾向にあります。また、受取手形は年々減少傾向にあるものの、売掛金残高は増加傾向にあります。

中小企業のバランスシートについては、本来的に必要なのは、バランスシートの改善にあります。その手段の一つとしてあげられるのが、売掛債権のオフバランス化・ファクタリングによる売掛金の資金化です。

企業にとって良い顧客に恵まれれば信用は倍増します。中小企業、新規事業、ベンチャー企業が早期に経営基盤を固めるには、まず優良顧客の獲得が必須です。ファクタリングは当該企業以上にその販売先であるカスタマーの信用力を重視します。リスクヘッジとキャッシュフロー経営こそ、事業を軌道に乗せる秘訣であるといえます。

最近、商社経由の商取引が直販にシフトする傾向にあることや、不況によって売掛債権の貸倒れリスクが高まっていることなどから、ファクタリングサービスのニーズや重要性が高まってきています。

会計士田中貴久先生のコメント

売掛金はやや減少傾向にあるとはいえ、約200兆円~250兆円でこれまでずっと推移しており、今後も企業間信用取引は続くでしょう。

3.まとめ

いかがでしたでしょうか?
近年、企業の決済手段として、手形取引が徐々に縮小されつつあり、売掛債権の流動化の資金調達ニーズが徐々に増えてきています。電子商取引やファクタリングそのものの持つ機能が重視され、ファクタリングを採用する企業が増えてきています。一度、是非検討してみて下さい。

image by  © fotofabrika – stock.adobe.com

即日で手数料2~9%のファクタリング

ファクタリングを検討しているのであればOLTAのクラウドファクタリングを利用してみてはいかがでしょうか?

ファクタリングの手数料は会社によっては20%を超えるケースもありますし、面談が必須という会社もあります。

OLTAのクラウドファクタリングは、独自のAIスコアリングをもとに審査をすることで

・面談不要でオンライン完結
・手数料は2~9%
・24時間以内入金

を実現しています。

インターネットで完結できる請求書買取額の無料診断サービスをやっているのでお試しに利用してみてください。

→買取額の無料診断【インターネット完結】