中国で1億円以上の資金調達に成功したフィンテック注目企業30選

日本の電子マネー流通額は年間数兆ですが、中国は150兆を超えるといわれています。

様々な企業のサービス抗争によって、スマートフォンを中心とした電子決済が大きく広まり、中国は世界でナンバーワンのフィンテック大国になりました。

今回は2018年にそんな中国で日本で1億円以上の資金調達に成功したフィンテック企業をご紹介します。

最短即日ファクタリングが手数料2~9% | 来店なし、ネット手続のみはOLTA

この記事の内容

1.ANT FINANCIAL(蟻金服)

調達金額

1兆5,540億円

業務内容

世界中の消費者と大小規模を問わず全ての企業に、安全で便利な包括的金融サービスを提供する総合的なテクノロジー企業です。

日本でも有名なサービスを運営しています。いくつか紹介しましょう。

・アリペイ

世界有数のモバイルとオンライン決済のプラットホームです。近年は単なる電子ウォレットから生活必需品へと進化を遂げてます。ユーザは、タクシーやホテル予約、映画チケットの購入、振込みや資産運用商品等の購入をアプリから直接行うことが可能です。

・ユエバオ

預金額にかかわらず、高い利回りを提供するオンライン資産管理サービスです

・マイバンク

オンラインバンキングとして中小企業向けのローンを提供しています

・ジーマ信用

ビッグデータに基づき、個人の信用度をファイリング、スコアリングするサービスです。

消費者金融、旅行代理店、ホテル、レンタカー会社、賃貸不動産会社などで広く使用されてます。

・アントクレジットペイ

返済を翌月まで延期できる個人ユーザ向けサービスです

・保険

保険会社と協力し、配送における損傷保険や返品時の送料を保証する保険を提供しています。

参考:https://tech.sina.com.cn/roll/2018-06-08/doc-ihcscwxa3680601.shtml

 

2.度小満金融(Du Xiaoman Financial)

調達金額

2,109億円

業務内容

AI技術を手段として、カスタマーへ金融商品を提供するウェブ上の総合商社です。

中国最大の検索エンジンバイドゥ傘下の金融ブランドで、AI技術やビッグデータ技術を利用し、ユーザに個人貸借金融商品、金融投資、移動支払いシステム、クラウドファンディング等多種多様な金融商品を提出しています。

参考:http://baijiahao.baidu.com/s?id=1598994663248961477&wfr=spider&for=pc

 

3.汇款宝(Electronic Money Clip)

調達金額

3.2億円

業務内容

低手数料、高効率で、海外へ(から)の送金サービスを提供している国際送金業務、移動金融業務をメインとし、スマートフォン上の新型ネット銀行アプリです。

海外労働者や、中国出身の転籍者に向けの伝統的な銀行の海外送金は時間がかかり過ぎ、手続きが複雑、手続き費用が高い等の欠点がありましたが、自社にて開発したアプリだけではなく、アリペイ(支払宝)や、ウィチャットペイ(WeChat Pay)を通じ、海外労働者や、中国出身の転籍者はいつでも、どこでも、便利、簡単、高速な海外送金業務の利用が可能になりました。

日本、オーストラリア、香港、フィリピン、シンガポール、インドネシア等様々な国に対して海外送金が可能になりました。

参考:http://www.mpaypass.com.cn/news/201807/09091611.html

 

4.銀承庫(Yinchengku)

調達金額

42.4億円

業務内容

BtoB向けの金融サービスを提供しています。

中小企業の現金支払い、信用支払い等のサービスを提供するウェブ上の金融機関であり、特に請求書の買い取りサービスが注目を浴びています。

参考:http://www.sohu.com/a/239799792_104421

 

5.広州万恵投資管理有限公司(PPmoney)

調達金額

96億円

業務内容

中国ウェブ貸借業界の消費金融商品情報処理のウェブサービスです。

中国政府は「普及、無差別化金融(Inclusive Finance)」という政策を設立していましたが、個人や中小零細企業の資金調達への承認はまだ難しく、利子も高いという状態です。

そこでPPmoneyウェブ貸借プラットホームは、Cloud計算、移動支払いシステム、ビッグデータ、人工知能等のHi-Tech手段を利用するとともに、豊富な資産管理やリスクコントロールサービスの経験を加え、借金する側と融資する側両方ともにより安全、高効率、個性的なウェブ金融サービスを提供しています。

現在、登録した投資者人数は1,350万を超え、合計1.47兆(920億円人民元)の取引額を達成しています。

参考:http://hy.stock.cnfol.com/bankuaijujiao/20180728/26703722.shtml

 

6.ADVANCE.AI (领创智信)

調達金額

66.6億円

業務内容

自社で立ち上げたビッグデータ処理分析応用システムを利用し、金融機構、通信会社、IT企業、IT金融業等数多くの業界に信用評価、詐欺防止、e-KYC等消費金融業界のコアサービスを提供しています。

金融機構の不良債権事件の発生率を下げるため、事前に借金申請者の信憑性を判断する情報提供サービスです。

中国では毎年、金融機構が詐欺師に騙さて、不良債権事件が相次ぎ発生しており、莫大な損害が発生しています。

彼らは業界最高の95%正解率の顔認識システムにて身分詐欺の防止ができ、知能画像認識システムにて偽造した書類等の判明ができ、ビッグデータ技術にて申請者の不良信用データの検出ができるため、それらの情報を利用し、金融機構は不良債権事件の発生率を下げられます。

参考:http://36kr.com/p/5081853.html

7.Kyligence

調達金額

16.7億円

業務内容

最新のビッグデータ処理技術を通じて、顧客の肝心要なビジネス戦略の制定を加速する情報処理サービスです。

現在、ビッグデータ及びその分析処理需要は爆発的に増加する一方です。

伝統的なBI(Business Intelligence)ツールのScale up構成はデータ規模制限やCubeディメンション容量制限、サーチ反応の鈍さ等に制限され、OLAP(Online Analytical Process)分析システムの応用も同時に制限されていますが、顧客のサーチ履歴により自動的に相応しいモジュールを作り上げ、データ準備作業の手間を大分削減ができます。

PBデータ上の相互式分析システムの開発により、サーチ速度は他社より数十倍の速さを達成しました。

参考:http://www.shfinancialnews.com/xww/2009jrb/node5019/node5036/n5433/u1ai205675.html

8.上海競動技術(Jdongtech)

調達金額

数億円

業務内容

金融貸借業務の仲介や、リスクコントロールサービスを提供し、ユーザ身分認定や各金融取引の証明や、詐欺事件発生防止等のサービスを提供する金融セキュリティ会社です。

中国では現在このような問題が噴出しています。

・団体的な詐欺行為の多発:金融機構は大規模、組織化の詐欺攻撃を受けています。
・データの管理が難しい:信憑性が低いデータや構造化されていないデータが多いです。
・高リスク:取引先が沈下(例えば、低収入者や無収入の学生も顧客として扱い、貸し付けている)、低コストで詐欺行為が可能。
・データ量が莫大:人力で大規模の審査承認作業ができず、コストも高いです。

こういった問題を解決すべくAI技術、ブロックチェーン技術を生かして、

・取引のリスクを軽減
・不必要なワークフローを削減し効率をアップ
・資金の流通性を増やし、資金の利用率をアップする
・取引過程を透明化して管理の効率をアップ

といった価値を提供します

参考:http://www.sohu.com/a/243653275_114778

 

9.馬上消費金融(MSXF)

調達金額

320億円

業務内容

ビッグデータにて、リスクコントロール、知能経営販売、知能カスタマーサービス等を提供している一般国民向けに消費金融商品(金融融資、貸借業務、商品の分割払い等)を提供するアプリです。

中国で一般人が、融資を受けるにはいくつか問題があります

・審査期間が長く、お金を借りるまでに時間がかかる。
・借入限度額が低い、100万以上借金することが難しい。
・金利が高い。

こういった課題に対してビッグデータを処理することで、金融貸借業務の審査をより効率化させました。

参考:http://www.sohu.com/a/241432833_115565

 

10.信用宝(Xinyongbao)

調達金額

32億円

業務内容

ビッグデータとAIリスク管理技術を利用し、信用宝は信用評価モジュールを作り、ユーザの信用性管理と小額金融貸借を仲介するウェブサービスを運営しています。

中国は専門的に中国国民個人の信用性を評価、管理する企業がありません。コア技術による「信用頭脳」の開発によって、より安全、安心、高効率的な金融貸借取引が確保できます。

参考:http://it.sohu.com/20180711/n543133663.shtml

 

11.福米技術(Webull)

調達金額

32億円

業務内容

世界中の金融相場(株、証券等)の売買、取引の最新情報を提供するアプリサービスです。
(現在ユーザ人数は900万を超え、50%以上は北アメリカ地域のユーザです)

従来のP2P(Peer-to-Peer)金融貸借方式には、経営管理不良、融資判断ミス(低信頼度ユーザに高額金額を貸出)、詐欺事件の発生、hackerに攻撃されやすいといった問題がありましたが、彼らのPSP(Peer-Securitation-Peer)技術は低リスクで高利益の金融取引を実現しました。

参考:http://tech.qq.com/a/20180719/023574.htm

 

12.VERASTI

調達金額

数億円

業務内容

世界中の企業に金融Cloud、金融ビッグデータ、高標準IT基礎フレームのサービスを提供する、ソフトウェア開発企業です。

VERASTIの創業前は、取引型の私募基金に対して、証券会社への接続する際に効率的で信頼できる手法はありませんでした。

世界中の企業に金融Cloud、金融ビッグデータ、高標準IT基礎フレーム等のソフトウェア開発の提供することで、この問題を解決しました。

参考:http://www.cb.com.cn/gdbb/2018_0801/1249827.html

 

13.愛財集団(Aicai group)

調達金額

合計112億円近く(2018年7月まで)

業務内容

金融投資、一般商品の分割払い、微小企業融資、車の分割払い等ができるウェブサービスです

伝統的な金融サービスでは審査が複雑し、時間がかかりすぎる問題があります。

愛財は少額、分散的な金融貸借モードを営業方針とし、ビッグデータ技術でリスクコントロールをすることで少額の支払いのニーズに対応することができました。

参考:http://news.ifeng.com/a/20180731/59533731_0.shtml

 

14.Panda Technology

調達金額

数億円

業務内容

金融業界と電子商務業界、高精度経営販売、客群れの分析、リスクコントロール管理、詐欺防止等のサービスを提供しています。

伝統の金融貸借サービスには様々な問題があります。

・金融貸借業務が必要な顧客に対し手、自分に有利な金融機構を見つけるのは難しい。
・顧客と貸借関係を繋ぐと、金融機構はいつも高いリスク(不良貸借事件発生)を負っている。
・金融機構は偽造の種類で騙されやすい。
・貸借業務の申請と承認のワークフローが複雑で、効率性が悪い。

こういった問題に対して人工知能技術を生かし解決を図っています。

参考:https://www.iyiou.com/p/75807

 

15.京東金融(JD Finance)

調達金額

2,080億円

業務内容

京東集団が蓄積してきたビッグデータを基づき、(商品)供給チェーン側と消費者側に金融サービスを提供する一般消費者や投資家、金融機構等へ、金融商品の取引サービスを提供するウェブ上の総合商社です。

業務分野は11項目:企業金融、消費金融、財産管理、支払い、クラウドファンディング、保険、証券、農業金融、金融技術、海外事業、都市計算。

中国ではウェブ上で一般消費者や投資家、金融機構等へ取引サービスを提供する総合的国民的なHigh-Technic企業は少ないです。

京東集団は2.4億円以上の利用者、数十万のサプライヤーやパートナーのビッグデータ(基本情報、取引情報等)を持っており、それに基づいて、AI知能、画像認識、ブロックチェーン等の技術の運用ができます。

参考:http://www.sohu.com/a/244803705_116441

 

16.PINTEC

調達金額

111億円

業務内容

AI技術、ビッグデータ、ブロックチェーン技術を利用し、消費分割払い、個人信用貸借業務、微小企業信用貸借、財産管理、保険マネジメント等のサービスを提供しています。

参考:http://industry.caijing.com.cn/20180607/4466821.shtml

 

17.金斧(JFX)

調達金額

16億円

業務内容

中国では、私募債券、海外基金のような金融商品に投資したい方はたくさんいますが、専門的にその方面の情報を統合的に整理、分析、提供する機関がありません。

彼らはビッグデータ技術を利用し、私募債券や海外投資金融商品が必要な有力的な投資家を発見できます。

その上でオンラインで投資家達に金融商品を紹介し、投資家の発注を受けるという流れです。

複雑な審査工程が無いのも受けています。

参考:https://new.qq.com/cmsn/20180529/20180529021452

 

18.華鋭金融技術(ArchForce Financial Technology)

調達金額

8億円

業務内容

次世代分布式システムの基礎的なプラットホームを開発できるハイテクノロジー会社です。金融機構に次世代分布式システムの基礎的なプラットホームを開発することによって、金融取引はより高速的、安全、高効率的に進むことが確保できます。

参考:http://tech.ifeng.com/a/20180608/45018505_0.shtml

 

19.浙江新再灵技術(Xin Zailing Technology)

調達金額

33.3億円

業務内容

人工知能技術を開発するソフトウェア会社です。

「公共安全」、「環境観測」、「知能ホーム」、3つの事業分野があります。

参考:https://www.lieyunwang.com/archives/445529

 

20.睿智合創(北京)科技有限公司(WISECO)

調達金額

16億円

業務内容

安全で信頼性が高い金融ビッグデータ統合サービスのプラットホームです。

現在、中国には金融貸借サービスが必要となる消費者は9億円人ぐらい存在しているはずですが、各金融機構の利用者履歴によりますと、合計3億円人の利用者データしか記録されていないです。

そのため、残りの6億円人は貸借ニーズがあるのに、自分の消費ニーズに相応しい金融商品を提供する金融機構をなかなか見つけられず、金融機関に対しても、金融商品を提供したいのに、なかなか消費者を見つけられません。

ビッグデータやAI技術を利用し、金融産業チェーンの上流、中流、下流の需要、資源、能力を統合調達し、金融サービスが必要な消費者と金融機構の間に知能的な金融中枢を創造しています。

参考:http://www.sohu.com/a/244092632_439726

 

21.钒钛知能(Fantai)

調達金額

1.6億円

業務内容

知能金融の新しい道の開拓を目指す、金融情報処理サービスを提供する会社です。

自社で開発した金融貿易ビッグデータ処理プラットホームにより、中国だけではなく世界中の中小企業までにビッグデータの処理&分析、高精度マーケティングリサーチ(Precision Marketing Research)、知能的なリスクコントロール対策等のサービスを提供し、金融貿易をより安全、スムーズ、高効率的に進められます。

参考:http://www.xinhuanet.com/money/2018-07/30/c_129922783.htm

 

22.慢銭技術(manqian)


調達金額

19.2億円

業務内容

有力な投資家に高品質な金融投資商品の選出や個人資産配分等の総合投資コンサルティング会社です。

チームメンバーは大手銀行、証券会社、基金会社等から豊富な投資コンサルティング経験を積んできた専門家にて構成されています。

顧客のニーズを最重要視しながらも、実際の財務状況とリスク、好みに基づき、カスタムズ化財産管理を提案し、リスクコントロールシステムにて、顧客の資産をより安全、安心に増やすことを確保します。

参考:http://www.sohu.com/a/242096092_118792

 

23.付融宝(Frbao)

調達金額

128億円

業務内容

一般消費者や投資家、金融機構等へ、金融商品の取引サービスを提供しています。

一般人が、融資を受けるには以下のような様々な問題がありますが

・審査期間が長く、お金を借りるまでに時間がかかる。
・借入限度額が低い、100万以上借金することが難しい。
・金利が高い。

AIとデータを活用することで低リスクな金融商品を提供しています。

参考:http://www.sohu.com/a/239411839_250147

 

24.BitCV

調達金額

数億円

業務内容

ブロックチェーンを活用したデジタル資産管理サービスです。ブロックチェーン技術を利用し、すべての資金の取引行為を記録します。

参考:https://www.iyiou.com/p/65488

 

25.DOBI

調達金額

11.1億円

業務内容

仮想通貨取引や情報収集分析のウェブ上のサービスです

参考:http://www.ebrun.com/20180705/285020.shtml

 

26.ChaiNext

調達金額

1.6億円

業務内容

ブロックチェーンや仮想通貨への投資分析(情報)のサービスを提供しています。

ChaiNext指数分析専門家チームは、国内証券業界のトップレベルの情報分析専門家、エンジニア、国内、海外有名学校から卒業した博士たちにて構成されており、顧客に信頼性が高いデジタル投資商品の提案ができます。

参考:http://newseed.pedaily.cn/data/invest/44030

 

27.雪球(Xueqiu)

調達金額

133.2億円

業務内容

ウェブ上とスマートフォンアプリ上で、総合投資情報分析のサービスを提供しています。

AI技術やビッグデータ技術にて、「インターネット+資産管理」の新しいモデルとして話題になりました。

参考:http://www.sohu.com/a/243689902_114778

 

28.NOAT

調達金額

3.2億円

業務内容

各業界、企業のブロックチェーン開発者に向け、より簡単に開発出来る為、パブリックチェーンを開発した金融ソフト開発企業です。

参考:http://baijiahao.baidu.com/s?id=1605028425341587059&wfr=spider&for=pc

 

29.TANGEE

調達金額

6.4億円

業務内容

AIを活用した営業支援のsaas型ソリューションです。

独自の評価指標で数多くある企業を自動的に数値化したことで、どの企業から優先的に営業をかければ良いのかがわかるようになりました。

参考:http://it.sohu.com/20180828/n547753407.shtml

 

30.知能財神(Wisdom Forture King)

調達金額

数億円

業務内容

若い投資家のための高収益金融商品情報を提供するウェブサービスです。効果的に、投資家のための低リスク・低コスト・高効率の融資サービスを提供するための情報をしています。

参考:http://www.sohu.com/a/238820204_100181533

 

まとめ

調達金額順に並べてみました。

# 会社名 調達金額
1 ANT FINANCIAL 1兆5540億
2 度小満金融 2109億
3 京東金融 2080億
4 馬上消費金融 320億
5 雪球 133.2億
6 付融宝 128億
7 愛財集団 112億
8 PINTEC 111億
9 広州万恵投資管理有限公司 96億
10 ADVANCE.AI (领创智信) 66.6億
11 銀承庫 42.4億
12 浙江新再灵技術 33.3億
13 福米技術 32億
14 信用宝 32億
15 慢銭技術 19.2億
16 Kyligence 16.7億
17 金斧 16億
18 睿智合創(北京)科技有限公司 16億
19 DOBI 11.1億
20 上海競動技術 数億
21 知能財神 数億
22 BitCV 数億
23 Panda Technology 数億
24 VERASTI 数億
25 華鋭金融技術 8億
26 TANGEE 6.7億
27 NOAT 3.2億
28 汇款宝 3.2億
29 钒钛知能 1.6億
30 ChaiNext 1.6億

特徴としては

・日本の調達額と比べると額が桁違いに大きい
・ブロックチェーンを活用したサービスが出始めている
・AIやビッグデータ活用は当たり前

という点が印象的でした。

これらの企業が数年後どう成長しているのか定点で見ていくのも様々な発見があるのでおすすめす。

即日で手数料2~9%のファクタリング

ファクタリングを検討しているのであればOLTAのクラウドファクタリングを利用してみてはいかがでしょうか?

ファクタリングの手数料は会社によっては20%を超えるケースもありますし、面談が必須という会社もあります。

OLTAのクラウドファクタリングは、独自のAIスコアリングをもとに審査をすることで

・面談不要でオンライン完結
・手数料は2~9%
・24時間以内入金

を実現しています。

インターネットで完結できる請求書買取額の無料診断サービスをやっているのでお試しに利用してみてください。

→買取額の無料診断【インターネット完結】