2018年版賞金付きビジネスコンテスト21選

ビジネスコンテスト

ビジネスコンテスト(ビジコン)は、ビジネスプランを提案して競い合うものです。
単なるアイデアコンテストもありますが、社会人向けでは、起業を前提として賞金やサポートを受けられるビジコンが中心となります。
ここでは、ビジネスコンテストの種類とそれぞれの攻略法、そして、社会人対象で賞金が出るビジネスコンテスト最新20選をまとめてみました。
将来起業を考えている方はぜひチャレンジしてみてください。

【ビジネスコンテストとはどのようなものか】

ビジコンの種類

ビジコンは主催者によって大きく分類できます。
学生向けのアイデアコンテストを除くと、主として
・国や全国レベルの公的機関が主催する産業振興的なもの
・地方公共団体や地域の銀行などが主催する地域振興的なもの
・私企業主催のもの
があります。

ビジコン攻略法

どのタイプでも新規性(新しさ)や実現性が重要ですが、主催者の意図に合った応募をすることが重要です。
例えば、地域振興的なビジコンでは斬新さよりも実際に地域に役立つことが重要です。
私企業主催のビジコンで、宣伝的な性格の強いものはむしろ斬新さが必要です。

ビジコンによっては事前相談を受け付けたり、セミナーなどを開催するものも多いので、こうした機会を利用して主催者の意図を汲み取るのが、ビジコン突破の第一の鍵です。
主催者に積極的にコンタクトして主催者が何を望んでいるのかをしっかり把握しましょう。

ビジコン突破の第二の鍵は過去の受賞内容を把握することです。
ビジコンによっては過去の受賞結果がネットで閲覧できるものもあります。
そうした過去の結果を見ることで、何が望まれているのか、何が欠けているのかがわかります。

良いアイデアでも間違ったビジコンにチャレンジして玉砕するのでは意味がありません。
挑戦するビジコンの性格をしっかり把握してアイデアに合ったビジコンにチャレンジするのがベストです。

【ビジネスコンテストその1】スタートアップワールドカップ

「世界優勝投資賞金約1億円」を掛けて競う世界最大級のグローバルビジネスコンテストです。。

スタートアップワールドカップ(http://www.startupworldcup.io/)は、世界40以上の国・地域から選ばれた強豪ベンチャー企業が優勝投資賞金約1億円をかけて競い合う、世界最大級のスタートアップピッチコンテスト・カンファレンスです。

2018年5月18日(金)にシリコンバレーで開催されたスタートアップワールドカップ2018の決勝大会では、およそ1,500人の観客を前に地域予選を勝ち抜いた強豪ベンチャー28社が自社のプロダクトやビジネスアイデアをプレゼンしただけでなく、シリコンバレーを牽引する下記の豪華メンバーをスピーカーとしてお呼びしました。

・LinkedIn 創業CEO リード・ホフマン
・Netflix 共同創業者 マーク・ランドルフ
・Cisco 元CEO・会長 ジョン・チェンバース
・サン・マイクロシステムズ 創業者 ビノッド・コースラ
・伝説のエンジェル投資家 ロン・コンウェイ
・Siri 共同創業者 アダム・チェイヤー
・Tesla Motors 元CIO ジェイ・ヴィジャヤン

本大会の記念すべき第一回大会王者は、名古屋出身のロボットやIoTを活用した園児の見守りサービスなどを手掛ける日本代表であるユニファ株式会社(https://unifa-e.com/)が選出されました。
世界進出の足掛けとなっただけでなく、10億円以上の資金調達に成功、人材の応募件数も約5倍以上に増加し、「数分で人生が変わった」とコメントしています。(記事参照:https://zuuonline.com/archives/166521)

スタートアップにとっては資金調達や大手企業との業務提携のチャンス、海外進出の足掛けなどが期待できるビジネスコンテストになっております。

以下が募集要項になります。

開催エリア:東京都
賞金:総合優勝すると優勝投資賞金約1億円

参加人数:応募数約70件(世界総数は約15,000件 2017年度)
開催期間:10月
応募期間:6月15日~9月14日
応募リンク:https://www.startupworldcup.io/japan-application

【ビジネスコンテストその2】TOKYO STARTUP GATEWAY

「400字から世界を変える」がキャッチフレーズの東京都主催(運営事務局はNPO法人エティック)のビジコンです。

翌年度末までに都内で起業を目指す方で、「起業を目指すアイデア・プラン段階の個人」が参加条件になっています。

400字のエントリープランで参加可能で、応募可能年齢は15歳から39歳と幅広く、創業後の支援も受けられるので、取り敢えずチャレンジしてみようという方から本格的に創業を考えている人まで、応募してみる価値のあるビジコンです。

以下の募集概要は2017年度のものです(以下同じ)。

開催エリア:東京都
賞金:最優秀賞100万円。
さらに都内で法人設立時に活動資金100万円が提供されます。

参加人数:応募総数1,360件(2017年度)
開催期間:7月末~11月
応募期間:~7月初め
応募リンク:http://tokyo-startup.jp/

【ビジネスコンテストその3】ASIAN ENTREPRENEURSHIP AWARD

アジア・アントレプレナーシップ・アワード運営委員会が主催するビジコンです。
三井不動産や日立、ソニーなどの大手企業がスポンサーに加わっています。

参加条件として
・テクノロジーベンチャー企業であること
・大学や研究機関、インキュベーション施設などのベンチャー企業育成担当の責任者から推薦があること
などがあり、誰でも参加できるものではありません。
しかし、参加すれば、国内外の企業にプレゼンができるチャンスです。

開催エリア:千葉県
賞金:最優秀賞100万円+コワーキングスペースの無料使用が提供されます。

参加人数:応募総数113件(2016年度までの累計)
開催期間:10月末の3日間
応募期間:推薦などが必要なので主催者に問い合わせてください。

応募リンク:http://aea.events/j/

【ビジネスコンテストその4】DBJ女性新ビジネスプランコンペティション

日本政策投資銀行(DBJ)が主催するビジコンです。

女性経営者による事業で、事業性が高く、技術やサービス、ビジネスモデル等において革新的なビジネスプランを対象としています。
事業として開始していても5年以内であれば応募できます。

最大1,000万円の事業奨励金は大きな魅力です。
日本経済研究所の女性起業サポートセンターによる様々なサポートも受けられますので、女性で起業を考えているのであればお勧めできるビジコンです。

開催エリア:東京都
賞金:最優秀賞(女性起業大賞)最大1000万円の事業奨励金
参加人数:不明
開催期間:7月中旬~11月中旬
応募期間:5月中旬~7月中旬
応募リンク:https://www.jeri.or.jp/wec/competition/

【ビジネスコンテストその5】DBJ中国地域女性ビジネスプランコンテスト

日本政策投資銀行(DBJ)が主催するビジコン(前項)の地方版です。

2017年度初めて、中国地域を対象に開始されました。
女性起業家と地域の金融機関や企業との間をつなぐことと事業アピールをするためのビジコンです。

2017年度は大賞(中国経済産業局賞)でも表彰のみのようですが、DBJ女性新ビジネスプランコンペティションでは最大1000万円の賞金、優秀賞でも数百万円の賞金がある点を考えると、地方版でも今後、賞金が出る可能性はあるでしょう。

開催エリア:広島県
賞金:2017年度は表彰のみ
参加人数:不明
開催期間:翌年1月末
応募期間:9月中旬初め~10月末
応募リンク:https://www.djb.jp/topics

即日で手数料2~9%のファクタリング

ファクタリングを検討しているのであればOLTAを利用してみてはいかがでしょうか?

ファクタリングの手数料は会社によっては20%を超えるケースもあります。
また、面談が必須という会社もあります。

OLTAのクラウドファクタリングは、独自のAIスコアリングをもとに審査をすることで

・面談不要でオンライン完結
・手数料は2~9%
・24時間以内入金

を実現しています。

インターネットで完結できる請求書買取額の無料診断サービスも実施。
お試しに利用してみてください。

→買取額の無料診断【インターネット完結】

ビジネスコンテスト